「私がクラブと話し合う」エムバペの東京五輪出場を仏サッカー連盟会長が後押し! 揺れるパリSGの対応は…【現地発】

「私がクラブと話し合う」エムバペの東京五輪出場を仏サッカー連盟会長が後押し! 揺れるパリSGの対応は…【現地発】

2020.2.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 キリアン・エムバペの東京オリンピック出場が、現実味を帯びてきた。フランス・フットボール連盟のノエル・ルグラエット会長が、出場を後押しをする発言をしたためで、今後ますますパリ・サンジェルマン側の対応に注目が集まりそうだ。


 ルグラエット会長は、エティエンヌ・モワティ記者の独占インタビューに応じ、フランス時間13日付の『L’EQUIPE』紙に大きく登場した。


 そして、エムバペのオリンピック出場問題について問われると、「彼はチャンピオンズ・リーグもEURO2020もオリンピックも制覇したいのだ」と強調し、「私もパリSGに電話してその件を話し合う。本人は出たがっている。オリンピック代表監督(シルバン・リポル)も強く出場させたがっている」と答えた。


 そうなると気になるのが、代表チームでの扱いだろう。記者から「(代表監督の)デシャンの意見は?」という質問が飛ぶと、「オリンピックはEURO2020の後だから、それほど複雑な問題にはならない。彼は自分の意見を言うだろうが……」と語るにとどめた。


 A代表のディディエ・デシャン監督はすでに「私はエムバペの雇用者ではない」と発言しており、雇用主であるパリSGが決めるべきことで、A代表監督としては反対しないことを示唆している。

 次いで「あなたの意見は?」と聞かれたルグラエット会長は、「もちろん、彼がオリンピックに出場してくれたほうがいい。とくにイメージ面でね。すでにトップクラスの若者だ」とし、持論を展開し始めた。


「でも、私はパリSGの立場にも立つよ。彼らにしてみれば、全てのコンペティションを戦うなんて、望まないかもしれないね。


 だが彼ら(パリSG)が反対するとは思わない。イメージが悪くなるかもしれないからね。我々も、招集できなければ同じことになる」


 クラブへのフォローを強調したルグラエット会長は、さらにこう続けた。


「ネイマールだってオリンピックに参加しただろう。しかもリヨンと契約したばかりの(ブルーノ・)ギマラエスは、オリンピック出場のために、クラブが拘束しない条項を盛り込んだ。リヨンのメンバーの半分はオリンピック出場になるだろう。私も(リヨン会長のジャン=ミシェル・)オラスからの手紙を10枚は受け取るだろうな……」

  リヨンの会長の部分は半ばジョーク。オラス会長は自クラブに不利になると見るや、リーグスケジュールなどでうんざりするほど抗議することで知られているためだ。それより注目すべきは、ギマラエスの契約に言及した点だ。


 エムバペは現在、パリSGと契約更新をめぐって交渉中。最近の報道では、どうもこれが停滞しているとされる。


 そのため、エムバペがモンペリエ戦で途中交代に怒った際も、「すわ、夏にもレアル移籍か!」の憶測が流れた。だが翌日には、「契約更新交渉が進捗していないのは、トゥヘル監督との関係のせいではない」との報道が伝えられた。誰のコメントかは明かされなかったが、おそらく信頼できる筋からの情報だ。


 となると何が交渉膠着の原因か? エムバペは基本的にカネにはこだわらない。そこで注目されてくるのが、オリンピック出場問題だ。


 エムバペはフランス・エスポワール代表がオリンピック出場を決めたその瞬間、直ちにソーシャルネット上にハートマークを流した。そのときから、「東京に行きたい!」と強く思っていることは、周知の事実になっている。五輪代表のために力にないたいと思うのは、彼のまっすぐな性格からみても野心の大きさからみても納得できる。

 ただ、いくらエムバペでも、休みなくビッグコンペティションを戦い続ければ、疲労蓄積で怪我するリスクも大きくなる。EURO2020に続いて、東京でのオリンピックにも出場となれば、その後の休息が欠かせないだろう。そうなれば、来シーズン開幕時をどう管理するか、クラブとしては頭が痛い問題である。一方で、パリSGのイメージアップに役立つ可能性も高い。


 つまり、ルグラエット会長は、ギマラエスの契約内容を例に挙げることで、エムバペの契約にもオリンピック出場を認める条項を盛り込んで更新してやるべきだ、とパリSGにメッセージを発したともとれる。


 この発言を受けてフランスでは、さっそく議論が噴出。13日夜のTV討論では、「パリはオリンピック出場を条件に契約更新を迫れる」、「いや、エムバペは、まともにバカンスもとれていない。怪我することになる。オリンピック出場は美しい話だが、選手のためにクラブは休みを与えるべきだ」、「休みならシーズン開幕時にずらしてとらせればいい。滅多にないチャンスなのだから出場させてやるべき」と白熱した。


 さて、パリSGのレオナルドSDはどう出るのか? エムバペとフランス代表、パリSGの駆け引きに、いよいよ拍車がかかってきた。

                  

取材・文●結城麻里

text by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事