タイリーグ開幕戦で日本人監督対決が実現!今季の注目チームを率いる二人の指揮官に課せられた重要テーマとは?

タイリーグ開幕戦で日本人監督対決が実現!今季の注目チームを率いる二人の指揮官に課せられた重要テーマとは?

2020.2.19 ・ 海外サッカー

シェアする

 今週末にJリーグ開幕が迫っている。待ち遠しい反面、開幕時期が毎年早まっている気がしてならないのだが、他国事情もさほど変わらないようだ。


“東南アジア最高峰リーグ”と呼び声高きタイリーグは、Jよりひと足早く先週末に開幕した。


 注目の開幕カードは“サムットプラカーンシティFC対チェンライ・ユナイテッド”だ。昨季、旋風を巻き起こしてみせたサムットプラカーンが、“昨季王者”チェンライ・Uをホームへ迎えたフライデーナイトマッチに注目が集まった。そしてタイリーグのマーケット戦略の一環なのか、いきなり“日本人監督対決”が実現することに。会場にはタイ代表監督・西野朗の姿もあった。


 サムットプラカーンは石井正忠(元鹿島監督)が、チェンライ・Uは滝雅美(元タイ・ホンダFC監督)が監督として指揮を執った開幕戦は、1-1のドロー決着に終わる。前半早々に先制に成功したサムットプラカーンだったが、後半に前線を厚くして攻勢を強めたチェンライ・Uが追いつく展開に。しかし、この時期ゆえのやむを得ない事情なのか、どちらも組織として精度の低いオープニングマッチになってしまったことは否めなかった。


 特にチェンライ・Uは、チャンピオンズカップ(前年のリーグ戦覇者とカップ戦覇者が争うシーズン開幕を告げるタイトルマッチ)やすでに始まっているACLの初戦を戦い、どこよりも激務をこなしながら迎えた開幕戦だっただけに、選手に疲労の色が表われていたことも明白だった。


「ホームで勝点3を取るためにチーム全員がしっかり90分間戦ってくれたとは思いますが、結果、勝点1しか取れなかったことは非常に残念に思っています。前半は非常に相手にボールを持たれる時間が多かったのですが、後半は自分たちがしっかりパスを繋いで、というサッカーも出来たので、そういった点では良かったとは思っています」(石井監督)


「勝利が欲しい試合でした。でもマイペンライです」(滝監督)


 試合後の公式会見、タイでの初陣を終えた石井監督は終始穏やかに語る姿が印象的だった一方で、滝監督は「アウェーで勝点1を取れたことは良かった」と気丈に振舞ったが、本心とは異なっていたように感じ取れた。前年覇者を率いる重圧と、並行してアジアの舞台で戦う組織を統率する苦労は計り知れないものがあるのだろう。 5年前、タイサッカー界が日本人監督ブームで沸いたことがある。リーグ開幕時、1部と2部を含め、実に7人もの日本人監督が名を連ねた時代があった。


 それは和田昌裕(G大阪強化アカデミー担当参与)がチョンブリーFC監督として年間最優秀監督賞を獲り、また神戸清雄(コーンケーン・ユナイテッド監督/タイ2部)がナコンラーチャシーマーFCをクラブ史上初となる1部昇格へ導いた翌年のこと。彼らがタイで日本人指導者の価値を高めたという背景があった。しかし、その流れが長く続ことはなかった。

 そしていま、再び、日本人指導者に目が向き始めている空気を感じている。タイ代表を率いる西野朗への注目度は依然として高く、また昨季、サムットプラカーンを率いた村山哲也が落とし込んだ日式蹴球に多くのタイサッカー関係者が衝撃を受けたことが、この巻き起こる渦へと繋がっているのだ。


 タイサッカー市場で奮闘する“日本人指導者”という看板を背負った彼らの責任は実に重い。なぜなら、彼らの評価が、以後日本人指導者の流入を左右する重要な要素となるからだ。


 近い将来、タイでまた、日本人監督対決が珍しくはない時代が到来することはあるのだろうか。それも全てが彼らの力量に懸かっている。(文中敬称略)


取材・文●佐々木裕介

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事