「本当にリスペクトでしかありません」宮市亮が日本の脅威ともなった懐かしい“戦友”との2ショットを公開!

「本当にリスペクトでしかありません」宮市亮が日本の脅威ともなった懐かしい“戦友”との2ショットを公開!

2020.2.28 ・ 海外サッカー

シェアする

 1部昇格を懸けてドイツで奮闘するザンクトパウリの宮市亮が、自身のインスタグラムを更新。日本代表の脅威ともなった名手との2ショットを公開して大きな反響を呼んでいる。


 その名手とは、元クロアチア代表FWのイバン・クラスニッチだ。かつてザンクトパウリやブレーメンで活躍した点取り屋は、2009年から約3年間にわたって当時プレミアリーグに属していたボルトンで、宮市とともにプレーした経験を持つ。


 また、クラスニッチは、2007年に重度の腎臓不全を患うも、2度の臓器移植手術を行なって、翌年に開催されたEUROに出場するなど、不屈の精神を持つストライカーとして知られている。


 2013年にマインツを退団してから現役を退いた盟友との再会に、宮市も刺激を受けたようだ。インスタグラムでは次のように心境を綴っている。


「ボルトン時代の戦友Ivanがダービー勝利をお祝いしてくれました! 現役時代、腎臓の移植手術を何度もしてそれでもピッチに帰って点を決める姿は本当にリスペクトでしかありません。久しぶりにあったけど元気そうで良かった! ありがとうIvan」

 2006年のドイツ・ワールドカップでは、グループリーグで日本代表の脅威ともなったクラスニッチ。それだけに当時を懐かしむファンが、「良い写真」や「経験は必ず生きるよね」「スーパー」など熱いメッセージを寄せた。


 自身も今シーズンは公式戦24試合に出場して1ゴール・6アシストを記録するなど、度重なる怪我からの復活を印象づけている宮市。戦友からの刺激を受けたリーグ後半戦も、その一挙手一投足に注目したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事