「え? 出所してきたの?」サッカー界屈指の“ファッショニスタ”ベジェリンの衝撃イメチェンに賛否両論!

「え? 出所してきたの?」サッカー界屈指の“ファッショニスタ”ベジェリンの衝撃イメチェンに賛否両論!

2020.3.29 ・ 海外サッカー

シェアする

 アーセナルのエクトル・ベジェリンが衝撃的なイメチェンを披露し、ファンを驚かせている。


 新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な状況となっているヨーロッパでは、各国リーグが中断・延期の決断を余儀なくされ、イングランドのプレミアリーグも、再開の目途は立っていない。


 指揮官のミケル・アルテタが新型コロナに感染したアーセナルも同様に対応に追われ、基本的に選手やスタッフは自宅での待機を余儀なくされている。そんななかでベジェリンは、「家にいて、太陽を楽しんで」と綴り、丸坊主にした自撮り写真を公開した。


 ベジェリンといえば、サッカー界屈指の“オシャレ番長”として知られており、そのファッションセンスは専門誌で特集されるなど、高い評価を得ている。

 そんなスペイン代表DFが、トレードマークだったサラサラのセミロングヘアをバッサリと切り、3ミリぐらいの長さに刈り込んだのである。


 驚きの変貌ぶりをチェックしたファンからは、「髪の毛がなくてもかっけー」、「どんだけスマートなんだよ」、「ナイスヘアカットだ」といった声が寄せられた一方、「なんでこんなことをしたの?」、「え? 出所してきたのか?」、「ハッキリ言って似合わない」、「体調が悪そうに見える」などネガティブな意見も少なくなかった。


 これまでも様々な服装やヘアースタイルに取り組んできたサッカー界屈指のファッショニスタ、ベジェリン。今回の坊主姿には、賛否が集まっているようだが、本人がそれを気にすることはなさそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事