「主役級」「トップが保証されている」久保建英の評価と来季の去就は? スペイン紙がマドリーの“レンタル組”を特集!

「主役級」「トップが保証されている」久保建英の評価と来季の去就は? スペイン紙がマドリーの“レンタル組”を特集!

2020.4.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 深刻な新型コロナウイルス蔓延の影響でラ・リーガは無期限の延期となり、各クラブは経済的損失を被っている。このまま再開ができなければ、そのダメージは計り知れない。


 そんななか、スペイン紙『Marca』は、各クラブの財政状況の悪化から「この夏は新戦力の獲得や保有選手の売却が難しい」として、レアル・マドリーがレンタルに出しているプレーヤーに注目。ローン中の13選手のうち10人を紹介している。


 レンタルバックが検討されているマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)やアシュラフ・ハキミ(ドルトムント)らに続いて、6番目に登場したのが久保建英だ。


 マジョルカに貸し出されている18歳の日本代表MFについて、『Marca』紙はこう綴っている。


「マジョルカへ行った賭けは奏功した。当初はラウール・ゴンサレス監督の下、マドリーのBチームの一員としてセグンダB(3部)でプレーする予定だったが、反対意見がありプリメーラ(1部)に挑戦することになった。彼はマジョルカに遅れて合流したため、ダイナミックなビセンテ・モレーノ監督のチームに馴染むのは難しかった」

  だが、ここ3試合でチームの全5ゴールに絡んだ中断前の活躍については、評価しているようだ。記事はこう続けている。


「しかし、少しずつパフォーマンスが向上しており、中断前にはスタメンを勝ち取り、優れたプレーを見せ、主役級となっていた。ここまで25試合に出場して、3ゴール・1アシストを記録している。マドリーへの復帰は、すべての攻撃的ポジションの競争において複雑な状況だ。ただ、良いレベルのプレーをしているので、来年もトップカテゴリーで戦うのは保証されている」


 EU圏外枠の問題もあり、現状ではマドリーのトップチーム入りは難しそうだが、記事にあるように、高い評価を受けているのは間違いない。マジョルカよりワンランク上のチームへのレンタル、というのが現実的な選択肢となりそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事