レバンドフスキやロイスの戦線復帰は? 欧州5大リーグの主なケガ人情報【セリエA/ブンデス/リーグ・アン編】

レバンドフスキやロイスの戦線復帰は? 欧州5大リーグの主なケガ人情報【セリエA/ブンデス/リーグ・アン編】

2020.4.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、リーグ・アンは3月9日から、セリエAは10日から、ブンデスリーガも11日からリーグ戦の開催を見合わせている。いずれも開催の目処は立っていない。


 それでも、早期復帰を目指してリハビリに励む主な故障者5名の情報を紹介する。


●セリエA●

ニコロ・ザニオーロ(ローマ/MF)

19-20公式戦成績:24試合/6得点・2アシスト

負傷日:20年1月12日/セリエA19節:ユベントス戦

診断名:右膝の前十字靭帯断裂、外側半月板損傷

復帰時期:20年8月下旬


 1月12日のユベントス戦でマタイス・デリフトと交錯し、負傷。その翌日にクラブの公式SNSで、手術が無事成功したことを報告し、14日からリハビリを開始している。3月17日にインスタグラムで、「トイレットペーパー・チャレンジ」に挑戦した動画をアップし、華麗なリフティングを見せるなど順調に回復しているが、実戦復帰は来シーズンになりそうだ。


●ブンデスリーガ●

ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/FW)

19-20公式戦成績:33試合/39得点・5アシスト

負傷日:20年2月25日/CLラウンド・オブ16:チェルシー戦

診断名:左足の脛骨骨折

復帰時期:20年4月上旬


 CLラウンド・オブ16のチェルシー戦(第1レグ)にフル出場し、1ゴール・2アシストの活躍でチームを勝利に導いたが、この試合で左膝付近の脛骨を亀裂骨折していたことが判明。クラブは約4週間の離脱を発表した。復帰は4月上旬になる見通しだ。


マルコ・ロイス(ドルトムント/MF)

19-20公式戦成績:26試合/12得点・7アシスト

負傷日:20年2月4日/DFBカップ3回戦:ブレーメン戦

診断名:筋肉トラブル

復帰時期:20年4月上旬


 DFBカップ3回戦のブレーメン戦で89分に負傷交代し、検査の結果、筋肉の損傷と診断された。当初は3月上旬の復帰を想定していたが、回復に予想以上の時間を要しており、4月上旬の復帰を目指している。●リーグ・アン●

メンフィス・デパイ(リヨン/FW)

19-20公式戦成績:18試合/14得点・2アシスト

負傷日:19年12月15日/リーグ・アン18節:レンヌ戦

診断名:左膝の前十字靭帯断裂

復帰時期:20年6月下旬


 手術後1か月でマシーントレーニングを開始し、2か月後にはボールを蹴り始めるなど予定よりも早く復帰できる見込みだ。「サポートしてくれるすべての人に感謝」とSNSで報告。



チアゴ・シウバ(パリSG/DF)

19-20公式戦成績:30試合/1得点・1アシスト

負傷日:20年2月23日/リーグ・アン26節:ボルドー戦

診断名:右足の大腿二頭筋損傷

復帰時期:20年4月上旬


 1月末に負った股関節の怪我から2月12日のフランス・カップ準々決勝のディジョン戦で復帰したものの、わずか3試合で右足のハムストリング損傷で再離脱。3月11日のCLラウンド・オブ16のドルトムント戦(第2レグ)でメンバー入りする予定だったが、回復が遅れ、4月上旬に復帰予定だ。


 現状ではリーグ再開の見通しは立っていないとはいえ、懸命に復帰を目指している5人に注目したい。


※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年4月12日号より転載・加筆

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事