完全無欠のストライカーってどんな感じ!? 左足、スピード、決定力、芸術性など9つの部門別“最強名手”を選定!

完全無欠のストライカーってどんな感じ!? 左足、スピード、決定力、芸術性など9つの部門別“最強名手”を選定!

2020.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 スペイン全国紙『Marca』がユニークな企画を打ち出した。題して「完璧で理想的なストライカーとはどんなイメージか?」だ。


 同紙は欧州きってのサッカージャーナリストであるフリオ・マルドナード氏を迎えて、ストライカーに欠かせない9つの能力を絞り出し、それぞれで“最強”と考えられる名手をセレクトした。ヘディング、パワー、ハート(パーソナリティー)、エレガンス(華麗さ、芸術性)、スピード、ゴール嗅覚、右足、左足、そして決定力だ。


 以下がそのラインナップである。マルドナード氏の寸評を交えて紹介しよう。


【ヘディング】

カルロス・サンティジャーナ(元スペイン代表)

「レアル・マドリーで名を馳せたフットボール史に残る名フィニッシャー。ジャンプのタイミングも精度も群を抜いた、ヘディングのスペシャリストだった」


【パワー】

ロナウド(元ブラジル代表)

「ブラジルのロナウドがこの部門のトップだ。自陣からのロングドリブルでもいっさいブレず、対峙する相手を蹴散らしてゴールに到達した。あんなフットボーラーを私は観たことがない」


【ハート(パーソナリティー)】

クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル代表)

「ハートの強さはストライカーに不可欠な要素である。これはC・ロナウドが図抜けているだろう。みずからを奮い立たせるだけでなく、チーム全体に拍車をかけることもできる、実に稀有な存在だ」


【エレガンス(華麗さ)】

マルコ・ファン・バステン(元オランダ代表)

「エレガントにゴールを陥落し続けたのがこのオランダ人だ。長身FWながら動きは常にしなやかで、フットボールに娯楽を運んでくれた。まさしくゴールの芸術家だったと言える」【スピード】

ジェイミー・ヴァーディー(レスター/イングランド代表)

「純粋なスピードはもちろん、ヴァーディーは動き出しの質やスペースへの飛び込みなど、相手DFにとっては阻止困難なプレーを連発する。正真正銘のグレイハウンド(快速の猟犬)だ」


【ゴール嗅覚】

ガリー・リネカー(元イングランド代表)

「絶妙なポジショニングで気づけばゴールを決めていた。周囲から最高のボールを引き出す術にも長けている。1986年のワールドカップ得点王は本当に衝撃的な点取り屋だった」【右足】

キリアン・エムバペ(パリSG/フランス代表)

「ロナウド並のパワーとスピードを誇るエムバペだが、やはりその右足が最大の魅力だろう。止まったり、素早く仕掛けたり、ウルトラショットを決めたりと変幻自在。完璧なストライカーの右足は彼のものだ」


【左足】

リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)

「異論の余地はない。パスにドリブル、シュート、フリーキックとなにをやらせても最高峰の左足を持っている」


【決定力】

ゲルト・ミュラー(元西ドイツ代表)

「いかなる密集地帯に身を晒しても、確実にゴールを射抜いた最強のフィニッシャーだ。本人曰く『私のゴールはどれも泥臭く美しいものではなかった。だが真のストライカーはそういうものだ。いかに大事な試合と局面で決められるかなんだ』」


 なんとも強烈な個性を持つ「9つのパーツ」で、たしかにこのストライカーを止めるのは至難の業だろう。次回はぜひとも彼に対峙できる「理想のストッパー」「至高のゴールキーパー」にトライしてほしいものだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事