なんと市場価値は総額276億円! 伊紙が選出したセリエAの「失敗補強イレブン」の顔触れは?

なんと市場価値は総額276億円! 伊紙が選出したセリエAの「失敗補強イレブン」の顔触れは?

2020.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 移籍が成功するかどうかは、選手の能力だけで決まるものではない。様々な要因が影響する。裏を返せば、決して成功とは言えないものでも、選手の価値がゼロになるわけではない。


 現地時間5月21日、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、昨シーズンと今シーズンのセリエAで「失敗」に終わった新戦力のうち、市場価値の高い選手を集めた「失敗イレブン」を紹介した。現在でも市場価値は、総額で2億2100万ユーロ(約276億3000万円)にのぼるという。何とも驚きだ。


 同紙が選んだシステムは4-3-3。守護神には、ナポリのアレックス・メレトが選ばれている。


 能力に疑いはないとしつつも、2018年夏に加入してから負傷による離脱期間が短くなかったことや、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任してからダビド・オスピナに定位置を奪われたことから「失敗」の烙印を押された。


 右SBには、昨夏にローマがユベントスから獲得したレオナルド・スピナッツォーラ。パウロ・フォンセカ監督の信頼をつかみ切れず、冬にマッテオ・ポリターノとのトレードでインテルに放出されかけた。


 左SBは、国外挑戦を1年で終え、昨夏のジェノア移籍でイタリアに戻ったアントニオ・バレーカだ。公式戦出場10試合では、ジェノアが買い取りオプションを行使するのは難しいとみられている。


 CB2枚には、インテルのディエゴ・ゴディンとラツィオのデニス・ヴァブロがチョイスされた。前者はアトレティコ・マドリー時代の実績に見合うインパクトを残せておらず。後者は3バックの新たなレギュラーと期待されていたが、セリエA出場わずか6試合と期待外れ感が否めない。

  中盤の3枚は、ミランのルーカス・パケタ、ユベントスのアドリアン・ラビオ、ローマのフランコ・パストーレになった。


 昨年1月に加入してから半年は活躍したパケタだが、今シーズンは苦戦。フリーで加入したラビオについては、同紙も期待値の高さから「酷いシーズン」と酷評した。そして、パストーレは負傷やフォンセカ体制でのポジションのなさで批判の的となっている点が選出理由になった。 前線の3トップに選ばれたのは、トリノのシモーネ・ヴェルディ、インテルのアレクシス・サンチェス、そしてナポリのイルビング・ロサーノだ。


 買い取り金額やボーナスを含めれば、トリノが史上最高額を投じてまでナポリから獲得したヴェルディだが、今シーズンのセリエAではわずか1得点と鳴かず飛ばず。サンチェスも負傷でほとんど稼働できず、マンチェスター・ユナイテッド復帰が有力視されている。


 また、昨夏の移籍市場におけるナポリの目玉補強だったロサーノは、ユベントス戦(セリエA第2節)で得点して以降は右肩下がり……。監督交代以降は出場機会が大幅に減った。


『Gazzetta dello Sport』による「失敗イレブン」とその市場価値は以下のとおりだ。


【GK】

アレックス・メレト/3000万ユーロ(約37億5000万円)


【DF】

レオナルド・スピナッツォーラ/2350万ユーロ(約29億4000万円)

ディエゴ・ゴディン/500万ユーロ(約6億3000万円)

デニス・ヴァブロ/1000万ユーロ(約12億5000万円)

アントニオ・バレーカ/1000万ユーロ(約12億5000万円)


【MF】

ルーカス・パケタ/3000万ユーロ(約37億5000万円)

アドリアン・ラビオ/2000万ユーロ(約25億円)

ハビエル・パストーレ/1000万ユーロ(約12億5000万円)


【FW】

シモーネ・ヴェルディ/2000万ユーロ(約25億円)

アレクシス・サンチェス/2750万ユーロ(約34億4000万円)

イルビング・ロサーノ/3500万ユーロ(約43億8000万円)


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事