「マコトは僕らのレジェンド!」「いずれは監督に」長谷部誠の契約延長に、現地サポーターが歓喜!

「マコトは僕らのレジェンド!」「いずれは監督に」長谷部誠の契約延長に、現地サポーターが歓喜!

2020.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 5月22日、長谷部誠がフランクフルトとの契約を2021年6月まで延長したことが、クラブの公式ホームページで発表された。2来月末で契約満了を迎える予定だったが、もう1年ブンデスリーガの舞台で舞台で戦うことになる。


 2014年夏に加入した長谷部は、在籍6年で公式戦201試合に出場し、36歳になった今もトップチームでその実力を示し続けている。


 契約延長にあたり、フレディ・ボビッチSDは「マコトは並外れたキャリアの持ち主だ。36歳になってもチームの重要な柱であり続けているのは、彼の素晴らしい規律と高いプロ意識のおかげである」と称えている。また、長谷部が現役を退いた後は、同クラブのブランドアンバサダーに就任することも併せて発表されている。


 この一報に、現地サポーターも沸いている。クラブの公式SNSアカウントには、次のような声が集まった。

「マコトは僕らのレジェンド!本当に長く続いている」

「年を重ねるほどに、いいプレーができるようになるんだ」

「単純に彼はトップクラスのプレーヤーだ。好感が持てる男であり、チームのことを良く知っていて、ピッチ上では多くの模範となる存在だ。留まってくれることは本当にうれしい」

「マコトがいずれ監督になったら、クラブはさらに上り坂になってしまうのでは?」

「いつもチームを押し上げてくれる存在だ」

「とてもかっこいい。彼がこれからも私たちの力になってくれることを願っています。いずれにしても後の監督は決定だね!」


 長谷部は、この発表後に自身のSNSで「毎日が勝負で、ヒリヒリするようなこの日常の中で、一瞬一瞬を噛み締めながらチームのために全てを捧げていきたいと思います」と発信した。


 日本代表の元キャプテンは、ドイツで前人未到の道を切り開こうとしていることは間違いなさそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事