「関係者8人の陽性は取るに足らないと言うが…」 ラ・リーガの“帰還”はアポロ13号の如く困難なミッションだ【現地発】

「関係者8人の陽性は取るに足らないと言うが…」 ラ・リーガの“帰還”はアポロ13号の如く困難なミッションだ【現地発】

2020.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 社会活動の再開に向けて、リスクを負わなければならないのは、フットボーラーたちも同様だ。未知のテリトリーへの挑戦はまだ始まったばかりで、相当なストレスが伴うことが予想される。


 彼らはスポーツ界の復興の牽引役としての期待を担うとともに、再開に向けての取り組みは実験的な意味合いもある。その一挙手一投足にはこれまで以上に注目が集まることになりそうだ。


 すでにラ・リーガは1部と2部の選手、関係者に検査を実施。対象2500人に対し、8件の陽性反応があったと発表された。しかしスペイン・プロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、これを取るに足らない数字であると明言。さらにリーガが再開してからも選手たちに対し、試合前に検査を義務付ける構想を示し、「もしリスクがあるというなら、自宅にいたほうがその可能性が高い」とまで言い切った。

  ジェラール・ピケ(バルセロナ)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、コケ(アトレティコ・マドリー)、ミケル・メリーノ(レアル・ソシエダ)の4選手はテバスと一緒に出演した「モビスタール・プルス」の番組において、早期の再開を歓迎するとともに、ラ・リーガが用意した感染防止のプロトコルに対して疑問を呈することはなかった。


 車での単独移動、練習後ロッカールームでシャワーを浴びないままの帰宅、少人数での練習、隣の選手との2メートルの距離の維持など様々な制限が課されているが、協力的な姿勢を示している。


 ただ、いうまでもなく危機は終わってはいない。ウイルスの恐怖はすぐそこにあり、専門家はリスクの高さを繰り返し訴え続けている。また例えば、感染者数、死者数ともスペインと大差のないフランスは政府の方針に従いすでにリーグ戦の打ち切りが決定している。あるいはプロトコルの遵守が困難という理由で、女子のトップリーグのラ・リーガ・ イベルドローラも同様の決断を下している。


 そんななか、ラ・リーガが再開に踏み切るのは、それだけスペインのスポーツ界において彼らが担う役割が大きいからに他ならない。期待されるのはコロナという凄まじい雨をはじき返す巨大傘のような役回りだ。すでに政府とは2億ユーロ(約250億円)を各競技団体に寄付することで合意している。

  いずれにせよ、この大きな賭けが成功するかどうかは、全て選手たちにかかっていると言っても過言ではない。これから様々な恐怖と戦いながら、無観客開催というかつて経験したことのなかった状況で、試合をこなしていかなければならない。


 当然その胸裏には、緊張、不安、期待、高揚といった様々な感情が入り乱れていることだろう。もはや彼らが直面しているのは単なるリーグ戦の再開ではない。その取り組みにはミッションの性格が帯びている。


 ミッションの困難さと帰還という点で、想起させるのはアポロ13号のケースだ。1970年、アポロ13号は月に向かう途上で機器の不調にあい、引き返すことを余儀なくされた。故障の影響で機体が摩擦熱に耐えられるかどうかまったく予断を許さない状況下で大気圏に再突入したが、宇宙飛行士たちは恐怖と不安に打ち勝ち地球への奇跡的な生還を果たした。


 ラ・リーガの“帰還ミッション”も同様に成功に終わることを切に願っている。


文●サンティアゴ・セグロラ(エル・パイス紙)

翻訳●下村正幸


※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事