アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA スペシャルインタビュー第3弾   柏木陽介「この2年間で何が何でも掴みとらないといけない」

SPECIALアジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA スペシャルインタビュー第3弾

アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA スペシャルインタビュー第3弾 柏木陽介「この2年間で何が何でも掴みとらないといけない」

By アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA ・ 2016.10.3

シェアする

初戦のUAE戦を落とし、続くタイ戦では勝点3こそ確保できたものの、ミスを繰り返すという不安の残る立ち上がりとなってしまった日本代表。10月のイラク戦(6日、ホーム)とオーストラリア戦(11日、アウェイ)の2連戦はまさに負けられない戦いになる。調子の上がらない欧州組を選ばざるを得ないという難しいチーム状態の中で、期待がかかるのはMF柏木陽介(浦和レッズ)だ。


U-20W杯でブレイク後、クラブでは広島、浦和と主力で活躍し続けた柏木だが、代表では期待されたほどの実績を残せていない。北京五輪世代の柏木だが、ここまで同世代の本田、岡崎、長友、内田らの影に隠れてしまっている感は否めない。


「今、頑張っている彼らは自分がサッカー選手としてどう成功したいかという目標が明確で、それに向かって努力し、結果につなげてきた。自分は努力を怠っていた。努力することを恥ずかしがっていた。」


満を辞して代表に復帰した柏木は9月の2試合でも出場が見込まれていたが、UAE戦は怪我で欠場となり、タイ戦時には回復していたものの、初戦の敗戦が影響してボランチは長谷部と山口で守備に重点を置いた形になり、出番なく終わってしまった。


「こういう相手こそ自分は活きると思っていたので出たかった。出るためにしっかりと準備はしていた」


展開力は代表に選ばれているボランチでは一番秀でていると自負するパッサーは、名波浩や中田英寿、中村俊輔、小野伸二といったレジェンド達の系譜を継ぐ存在になれるのか。


代表への想いや、ハリルホジッチの人柄にも触れたインタビューの詳細は動画で。


シェアする
アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA

アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA

「アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA」が、2016年9月1日に開幕した。2次予選を勝ち抜いた12チームが2つのグループに分かれ、6チームがホーム&アウェイの総当たり戦、合計10試合を戦い、勝ち点の上位2チームが本大会への出場権を獲得する。また各グループの3位のチームにおいても、4次予選に勝ち、大陸間プレーオフでも勝利できれば本大会への出場権を獲得することができる。

このスペシャルコンテンツの他の記事