クラブでも欠かせない戦力となった酒井高徳と原口元気、移籍して最初に覚えたドイツ語とは?

SPECIALバーサストーク第1弾 酒井高徳 ✕ 原口元気 vol.2

クラブでも欠かせない戦力となった酒井高徳と原口元気、移籍して最初に覚えたドイツ語とは?

By 酒井高徳 ✕ 原口元気 ・ 2017.1.20

シェアする

サッカー日本代表の二人が様々なテーマで語り尽くすバーサストーク、酒井高徳✕原口元気の続編が公開となった。代表でもクラブでも、縦横無尽にピッチを駆け巡る原口のプレーからは溢れんばかりの自信を感じるが、本人の意識は意外なものだった。プレイヤーとしての成長が感じられるこのやりとり、ぜひ注目していただきたい。また、クラブで日本人初のキャプテンという重責を担う酒井のドイツ語は、かなり上達しているようだ。本人は謙遜するが、監督やチームメイトとのコミュニケーションにはほとんど不自由がないレベルに達しているとのこと。だが、最初は全く喋れなかった酒井は本当にシンプルなことから覚えたそうだ。その言葉とは?原口の語学取得術と併せて、ぜひ映像でご確認いただきたい。また、二人のサイン入りグッズが当たるプレゼントキャンペーンも実施中。こちらも要チェックだ。


プレゼントに応募される方はこちらをクリック

シェアする
酒井高徳 ✕ 原口元気

酒井高徳 ✕ 原口元気

サッカー日本代表の主力選手二人が様々なテーマで本音をぶつけ合うバーサストーク。第一弾は今や日本の攻撃陣を引っ張る存在にまで成長した原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)と左右のサイドバックをこなし、DFラインで欠かせない存在となりつつある酒井高徳選手(ハンブルガーSV)が登場する。

このスペシャルコンテンツの他の記事