穏やかな表情に隠された、ストライカーとしての本性

SPECIALバーサストーク第2弾 浅野拓磨 vol.3

穏やかな表情に隠された、ストライカーとしての本性

By 浅野拓磨 ・ 2017.3.17

シェアする

浅野拓磨選手とのバーサストークも今回で最終回、いよいよ日本代表に関する話題へと進む。初めて代表に選ばれた時の心情を懐かしそうに話し、チームメイト達とのやりとりに触れる表情は、一見、エリートアスリートには見えない、気さくで明るい普通の若者という印象だ。「日本代表で一番仲が良いのは誰?」という質問に対して、何人もの選手の名前が挙がってしまうのも穏やかな性格の浅野選手らしい。


だが、トークの中では「アウェイ戦でゴールを決めたい。盛り上がる相手チームやサポーターを鎮めてやりたい」と、柔和な表情とは真逆の、ストライカーとしての本性を垣間見せてくれてもいる。終始、にこやかな口調ではあったが、代表選手らしい責任感溢れる発言も頼もしい。ぜひ動画で全ての発言をチェックしてみていただきたい。


また、取材時に頂いた浅野選手サイン入りグッズのプレゼントキャンペーンも展開している。


プレゼントに応募される方はこちらをクリック

シェアする
浅野拓磨

浅野拓磨

リオ五輪代表の主力として活躍し、A代表にも定着しつつある快速FW浅野拓磨。昨年夏に慣れ親しんだ広島を飛び出し、ドイツの名門シュトゥットガルトのレギュラーとして活躍している。初の海外移籍を順調にスタートさせた彼の独占トーク映像を、今回から3回に渡ってお届けする。

このスペシャルコンテンツの他の記事