あの日本代表選手も追い込む竹内アナの切れ味を見よ

SPECIAL『たけうっちF.C.』第3弾

あの日本代表選手も追い込む竹内アナの切れ味を見よ

By LEGENDS STADIUM編集部 ・ 2017.6.7

シェアする

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーのオリジナルWeb番組、『たけうっちF.C.』の第3弾が公開。これまでの2回とは違い『やべっちF.C.』のスタジオを飛び出して、あの日本代表選手に独占取材を敢行、竹内アナが気になるコトを徹底的にチェックした。


今回、ターゲットとなったのは今季、降格の危機にあったハンブルガーSVにおいて、シーズン途中からブンデスリーガで初の日本人キャプテンに指名され、怒涛の巻き返しをしてみせたチームの中心として獅子奮迅の活躍、見事クラブの1部残留に貢献した酒井高徳選手。日本代表でも左右のサイドバックをこなすだけではなく、重傷を負った長谷部選手に代わってボランチでもプレイ、サムライブルーにとって欠かせない選手として存在感を増している。


そんな高徳選手に対してプレッシャーを感じることすらなく、マイペースで切り込んでいく竹内アナはある意味、バイエルンのロッベンよりも危険な存在。しかし、そこは世界最高峰のリーグで研鑽を積んでいる高徳選手、困惑しながらも自慢の危機察知能力を駆使し、最後まで笑顔を絶やさず対応し切ったのは流石だ。高徳選手に「後にも先にもないだろう」と言わしめた竹内アナの『知りたかったこと』とは?


映像では竹内アナの取材ぶりも見ものだが、13日にアウェーで行われるアジア最終予選・第8戦、イラクとの重要な試合についての意気込みも話を聞いている。ぜひご覧になっていただきたい。


シェアする
LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部が独自の視点でピックアップしたサッカーの最先端の情報や、独自取材によるコンテンツをお届けいたします。

このスペシャルコンテンツの他の記事