竹内アナ、野人・岡野の真相トークで「アジア最終予選のプレッシャー」がヤバ過ぎることを知る

SPECIALたけうっちF.C. WEB特別版

竹内アナ、野人・岡野の真相トークで「アジア最終予選のプレッシャー」がヤバ過ぎることを知る

By LEGENDS STADIUM編集部 ・ 2017.8.31

シェアする

日本を初のワールドカップに導く歴史的ゴールを決めたことで、当時『時の人』として世間に広く知られることとなった野人・岡野雅行。貴重な話を聞き出すことに成功した『たけうっちFC』竹内由恵アナウンサーだが、日本代表という立場は、想像し難いほどのプレッシャーに苛まれていたのかを知る機会となった。


岡野を国民的人気選手に押し上げたイラン戦。前後半90分では決着がつかず、どちらかが得点をした時点で試合終了となるゴールデンゴール方式の延長戦でピッチに入った岡野だったが、対するイランは完全にスタミナが切れており、自慢の快速を活かし、多くの決定機に絡んだ。だが、ゴールが中々決まらない。パスを出し続けた中田英寿が天を仰ぎ、岡田監督が頭を抱える姿は多くのサッカーファンが記憶しているはずだ。


結果的には得点を決めることに成功、日本のハッピーエンドで終わった。雄叫びを上げながら仲間のいるベンチに走っていく岡野の姿がまさに『歓喜』を体現していると思っていたが、実際は極限的重圧からの『解放』が正しいようだ。岡野本人は冗談を交えながら明るく振り返るが、これは結果が出たからこそ話せる話だと言うことをしみじみ考えさせられるエピソードだ。ぜひ、動画で見ていただきたい。


アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA ついに天王山、6大会連続ワールドカップ出場をかけた宿敵・オーストラリアとの一戦は8月31日(木)よる6時30分よりテレビ朝日系列にて地上波独占生中継される。


シェアする
LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部が独自の視点でピックアップしたサッカーの最先端の情報や、独自取材によるコンテンツをお届けいたします。

このスペシャルコンテンツの他の記事