「ボールが勝手に動く?!」スポブル開発のテクノロジーでサッカーがもっと面白くなる

SPECIAL

「ボールが勝手に動く?!」スポブル開発のテクノロジーでサッカーがもっと面白くなる

By LEGENDS STADIUM編集部 ・ 2017.12.9

シェアする

スポーツをテーマにしたガジェットを開発するプロジェクト『SPORTSBULL LABO』が始動、第一弾はスマホでリモートコントロールできるサッカーボール風ガジェット「ドロイドボール」の試作機を紹介する。精密機械ということもあり蹴ったり、放り投げたりはできないが、ラジコン感覚で操作が出来るため、ゲームをしたり、ドッキリを仕込んだりして楽しむには最高。今回はセレッソ大阪所属で日本代表でもある清武弘嗣、山口蛍の二人に協力をお願いし、ドロイドボールならではのゲーム三番勝負に挑戦してもらった。


ドリブル対決やボーリングなど、二人は思いの外、楽しんでいたようだ。いつもクールな山口蛍が子供のように操縦に没頭し、清武は何度も腹を抱えて笑い転げる。この様子を眺めることが出来るだけでもファンとしては楽しい。彼らがどんなテンションで盛り上がっていたのか、ぜひ映像でチェックしてみて欲しい。


「スポーツを今よりもっと楽しむために」

SPORTSBULL LABOでは今後も様々なスポーツに関連するガジェットを企画・開発していくので、ご期待頂きたい。


シェアする
LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部

日本代表の試合を中心に、日本女子代表やアンダー世代まで、国際大会の公式ハイライト動画や最新ニュース、奥深いコラムを配信。豪華選手インタビュー動画など、LEGENDS STADIUM(レジェンドスタジアム)でしか見られない質量ともに圧倒的な動画コンテンツをお楽しみいただけます。

このスペシャルコンテンツの他の記事