【鹿島】自慢のボール奪取の改良に取り組む三竿健斗。「去年とは違った姿を見せたい」

【鹿島】自慢のボール奪取の改良に取り組む三竿健斗。「去年とは違った姿を見せたい」

2021.1.20 ・ Jリーグ

シェアする

 J1の鹿島アントラーズは1月20日、新シーズンに向けて活動をスタート。練習後にオンライン取材に応じた三竿健斗は、「みんな、チームメイトと再会できることを待ち望んでいて、すごく嬉しそうだなって」と初日の雰囲気を伝える。


 昨季は、シーズン序盤に苦しみながらも徐々に盛り返していき、5位でフィニッシュ。無冠に終わったが、確かな手応えは掴めたはずで、クラブ創設30周年を迎えるメモリアルイヤーの今季は「去年よりも結果を残せる自信がある」と気合い十分だ。


 もちろん、簡単にタイトルを獲れるとは思っていない。目に見える成果を得るには「自分たちがタイトルを獲れるチームだっていう意識を常に持って、日頃の練習に取り組むことが高い要求にもつながって、チームがどんどん成長すると思う。そこの自覚をみんなで持つのがすごく大事」と強調する。


 その自覚をいかに高めていくか。


「一番大事なのは、普段の一つひとつの練習なので。ピッチ外ではリラックスして、ふざけていてもいいと思いますけど、いざピッチに入って、練習がスタートとしたら、スイッチがきっちり変わっていないと、自覚がないなというひとつの基準になると思う。


 練習が始まった時に、戦闘モードに入っているかを感じて、入っていなかったら、やっぱり厳しくお互いに言い合うべき。スイッチを入れなければいけないっていうふうに思えるように、一人ひとりが自覚を持てば、自然と高まっていくと思うので」

  そうした雰囲気作りでも、今季在籍6年目で、昨季に引き続き、腕章を託された三竿にかかる期待は大きいはずだ。


 自身のプレーについて高めていきたい部分について訊けば、持ち前のボール奪取のバージョンアップに取り組んでいるようだ。


「もっとクリーンに奪いたいなっていうのがあります」


 去年を振り返れば、粘り強く対応すれば取れる時でも、ファウルで止めてしまう場面もあったという。そこに改善点を見出し、「なるべくファウルなしでボールを奪い切って、相手の攻撃を止めるっていうところに、こだわりを持ってやりたい」と語る。 たとえファウルになったとしても、タフでハードなチャージでボールを狩るのは、三竿の真骨頂でもある。相手のボールホルダーをロックオンした瞬間、鋭い出足でガツンと行く。チーム全体を鼓舞するような見応えあるプレーだ。


 その強みは残したまま、より洗練されたボール奪取を試みる。微調整は難しそうだが、「ファウルなしで止める、その基礎になるものをオフ期間でやってきたので。それを練習からどんどんトライしてやっていけば、クリーンに簡単に奪える自信もある。去年とは違った姿を見せたい」と表情を引き締める。


 今季も中盤の底で絶大な存在感を見せてくれそうなキャプテンは、とにかくタイトルに飢えている。


「去年も元旦に(天皇杯決勝で神戸に)負けて、本当に一年間、悔しい想いをした。今年は、僕が鹿島に来てから一番タイトルを獲りたいって、その想いがオフ期間中もずっとあった」


 だからこそ、今季は「すごく楽しみ」だし、自らのさらなる進化と成長に期待もしているのだろう。


「ここで一皮、二皮むけるか、むけないかで、今後の選手としての価値も変わってくるので。今年は強い覚悟で臨んでいます」


“常勝”の肩書を取り戻すために邁進するチームの先頭には、固い決意を胸に秘めた三竿健斗の姿がある。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事