「上手いぃ」ヴィッセル飯野七聖の先制ループ弾が反響!「カウンターで全員が前方向に矢印が向いてていいなぁ」

「上手いぃ」ヴィッセル飯野七聖の先制ループ弾が反響!「カウンターで全員が前方向に矢印が向いてていいなぁ」

2022.8.18 ・ Jリーグ

シェアする

 夏に加入したアタッカーが先制弾を決めた。


  ヴィッセル神戸は、8月18日開催のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16で横浜F・マリノスと対戦。開始7分、幸先良く先制点を奪う。


 スコアラーは飯野七聖。汰木康也が左サイドのハーフウェーライン手前でパスカットすると、相手を1人かわしドリブルで前進。ゴール前に走り込んでいた飯野にスルーパスを通す。GKと1対1に持ち込んだ飯野は、右足でボールを浮かせたシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

  試合を中継するDAZNの公式ツイッターが「ショートカウンターで鮮やかにヴィッセル先制。飯野七聖が仕留めた」と題してゴールシーンを公開すると、ファンからは「ちゃんとカウンターで全員が前方向に矢印が向いてていいなぁ」「七聖きたーーー!」「飯野凄いね」「鳥栖から移籍したけどまじで応援してます」「上手いぃぃぃぃ」などの声が上がった。


 試合はその後、9分に横浜の西村拓真がヘディングシュートを叩き込むと、31分に神戸の佐々木大樹がPK弾。試合は2-1のスコアで、神戸のリードで前半を折り返した。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事