フットサル日本代表、奮闘虚しく初戦に続き、ブラジルに1-5の完敗

フットサル日本代表、奮闘虚しく初戦に続き、ブラジルに1-5の完敗

2022.9.19 ・ 日本代表

シェアする

18日、フットサル国際親善試合・日本代表対ブラジル代表が、愛知県のスカイホール豊田で行われた。世界ランキング1位のブラジル相手に、第1ピリオドは善戦したが、第2ピリオドに4ゴールを奪われて1対5。18日の1戦目に続く、4点差での敗戦となった。


木暮賢一郎監督率いる日本代表は、スターティングファイブにGK黒本ギレルメ、キャプテンのオリベイラ・アルトゥール、水谷颯真、吉川智貴、平田ネトアントニオマサノリでスタートした。


初戦の大量失点を経て、守備に高い集中力を見せる日本。第1ピリオド3分には平田が右から強烈なシュート。直後にも平田がゴール右にシュートを流すなど、攻勢に出る。


対するブラジルも、1戦目でハットトリックを達成したピトを中心に猛攻を仕掛けるが、GK黒本が驚異的なセーブでゴールを死守。互いに無得点のまま時間が経過していく。


先手を取ったのはブラジルだった。9分、右サイドでボールを受けたマテウスが縦にドリブルで持ち上がり、左足でシュート。GK黒本の股間を抜く強烈なシュートで、ブラジルが先制した。


その後、日本は水谷、平田が積極的にシュートを打つが、ブラジルの固い守備の前にゴールを割ることはできない。


第2ピリオド、日本はGKピレス・イゴール、アルトゥール、吉川、平田、水谷でスタート。開始直後のブラジルの猛攻を、GKイゴールの好セーブで封じると、第2ピリオド5分には清水とのコンビネーションから吉川がシュートを打つが、ゴールの枠を捉えることはできなかった。


そして第2ピリオド11分、ピトとのワンツーから、ロドリゴに決められてブラジルがリードを広げる。さらに12分、カウンターからピトにドリブルで持ち込まれると、最後はオウンゴールで失点。ブラジルが3点目を奪った。


第2ピリオド14分には注目の18歳、FCバルセロナB所属の原田快がコートに入る。その後、日本は金澤空、平田、原田が積極的に攻撃を仕掛け、流れを手繰り寄せようと試みるが、ブラジルのGKロンカグリオが立ちはだかり、ゴールを死守する。


第2ピリオド17分にはブラジルがカウンターから、アランが軸足の後ろを通す、技ありのシュートを決めて4点目をあげた。


日本は残り時間3分を切ったところで、パワープレーを実施。GKを清水が務め、5人で攻めると、アルトゥールが強烈なシュートを突き刺して1点を返す。


しかし、終了間際にパワープレー返しを受け、GKロンカグリオがミドルシュート。5点目を沈め、ブラジルが5対1で勝利した。


シェアする

最新記事