またもやミドル弾、中国戦勝利を決定づけた杉田亜未のゴール

またもやミドル弾、中国戦勝利を決定づけた杉田亜未のゴール

2015.8.9 ・ なでしこ

シェアする

時計は90分を過ぎ、アディショナルタイムを刻んでいた。1−0を、あと数分続ければ勝利ができる状況の中で、しっかり止めをさせたことは大きい。決めたのは初戦・北朝鮮戦で素晴らしいミドル弾を決めていた杉田亜未。


この日、後半からの出場でポストプレイから何度も好機を作っていた菅澤優衣香がペナルティエリア内でボールをキープし溜めを作る。スルスルと上がってきた杉田へ、菅原から優しいマイナスのパスが出ると、杉田はペナルティエリア外、左寄りからダイレクトで右足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。


この日、攻守にわたって好プレーを連発、澤、宮間、阪口らに対してポジション取りの狼煙を上げたと言っていいだろう。3戦で2発決めたミドルシュートは今のなでしこにない武器でもある。この大会を通して活躍を見せた中島依美と共に、なでしこの世代交代を押し進める有力候補と言えるだろう。

シェアする

最新記事