CL王者マドリーがアラバ&ベンゼマ弾で5年ぶりの欧州スーパー杯制覇! フランクフルトは鎌田大地が奮闘も決定機逸が響く

CL王者マドリーがアラバ&ベンゼマ弾で5年ぶりの欧州スーパー杯制覇! フランクフルトは鎌田大地が奮闘も決定機逸が響く

2022.8.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間8月10日、ヘルシンキで開催された欧州スーパーカップで、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)を制したレアル・マドリーと、ヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトが激突した。


 CL決勝と同じベストメンバーで臨んできたマドリーに対し、フランクフルトは鎌田大地がスタメンで3-4-2-1の2シャドーの一角に入り、長谷部誠はベンチスタートとなった。


 最初にビッグチャンスを迎えたのはフランクフルトだった。14分、カウンターからボレのパスを受けた鎌田が敵GKクルトワと1対1となるも、左足のシュートは惜しくもセーブされる。決定機を決められなかった日本代表MFだが、その後も抜群のキープ力を発揮し、堂々たるプレーを披露する。


 EL王者は17分、エリア内でベンゼマのパスを受けたヴィニシウスにシュートを浴びるが、DFトゥタがクリアしてピンチを防ぐ。


 マドリーは37分、ヴィニシウスのシュートは敵GKトラップの好セーブに阻まれる。だが、これで得たCKにベンゼマが頭で触り、カゼミーロがヘッドで折り返したボールを、DFアラバが左足で押し込み、先制に成功する。


 1点リードで折り返したマドリーは55分、ヴィニシウスがシュートを放つも、トラップに防がれる。61分にもヴィニシウスが左足で狙うが、これもバーに嫌われる。


 それでも65分、左サイドから仕掛けたヴィニシウスのグラウンダーのクロスにベンゼマがダイレクトで合わせ、追加点を奪う。


 地力の差を見せつけたマドリーがこのまま2-0で勝利。2017年以来、5度目の戴冠を果たした。なお、途中でボランチに下がった鎌田はフル出場、長谷部に出番は回ってこなかった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事