アーセナルが19歳FWジェレミ・ピノに興味…ビジャレアルは60億円超で売却へ

アーセナルが19歳FWジェレミ・ピノに興味…ビジャレアルは60億円超で売却へ

2022.8.11 ・ 海外サッカー

シェアする

アーセナルがビジャレアルのジェレミ・ピノの獲得に興味を持つことが『GOAL』の取材で明らかになった。


7シーズンぶりのトップ4フィニッシュを目指して今夏に的確な補強を敢行するアーセナル。開幕戦でクリスタル・パレスに完勝するなど勢いに乗る同クラブは、残り3週間になる今夏の移籍市場でさらなる補強を目指す。


中でも、ピエール=エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼットが退団し、期待されたほどの活躍ができていない二コラ・ペペの去就が不透明になることから、前線の補強は必須。そんな中、昨シーズンのチャンピオンズリーグで快進撃を続けたビジャレアルのピノに興味を持つことがわかった。


現在19歳のピノはすでにビジャレアルのファーストチームで公式戦77試合に出場し、さらにスペイン代表デビューも飾った。この活躍を受け、ヨーロッパで将来を期待されるFWの1人と評価される同選手には、アーセナル以外のクラブも関心を寄せる。


そんなピノに対して、ビジャレアルは契約解除金を8000万ユーロ(約109億円)に設定。しかし、同クラブはこれより低額でのオファーでも売却を容認する可能性があることがわかっており、4500万ユーロ(約62億円)程度の移籍金で取引がまとまると考えられている。


なお、現時点でアーセナルは正式なピノ獲得オファーを提示していないが、ビジャレアル側は今後数日中にプレミアリーグのクラブからオファーが届くことを予想している。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事