CR7不在のポルトガルが延長でメキシコに逆転勝利、3位で大会を終える

CR7不在のポルトガルが延長でメキシコに逆転勝利、3位で大会を終える

2017.7.3 ・ 海外サッカー

シェアする

日本時間2日、FIFAコンフェデレーションズカップ3位決定戦、ポルトガル対メキシコがロシアのモスクワで行われ、延長戦の末にポルトガルが2対1で勝利。C・ロナウド不在ながらメキシコに競り勝ち、3位の栄誉に輝いた。


ポルトガルは準決勝からメンバーを8人替えて臨んだ。エースのC・ロナウドは子どもが生まれたことでチームから離脱。キャプテンマークはナニがつけてピッチに立った。対するメキシコは準決勝から5人を替え、ベテランのマルケスがスタメンで起用された。


前半14分、後方からのパスに抜け出した、ポルトガルのアンドレ・シルバがマルケスに後方から倒される。このプレーに対して、ビデオアシスタントレフェリーはPKの判定。このPKを倒されたアンドレ・シルバが自ら蹴るが、ゴール左隅を狙ったキックはGKオチョアが読み切ってストップした。


メキシコは前半27分、ラユンのフリーキックにマルケスが飛び込みチャンスを作るが、今大会、再三攻守を見せているGKルイ・パトリシオがキャッチ。さらにメキシコは前半31分、ゴール前フリーになったエルナンデスが左足で強烈なシュートを打つが、GKルイ・パトリシオが片手でセーブした。


一進一退の攻防が続く中、先制したのはメキシコだった。後半9分、エルナンデスがドリブルを仕掛け、中央へクロスを入れる。このボールがポルトガルのネットに当たってオウンゴール。メキシコが先制する。


同点に追いつきたいポルトガルは後半25分、ナニに替えてクアレズマを投入。さらに後半36分にはジョアン・モウティーニョ、ダニーロに替えてアンドレ・ゴメスとアドリアンを送り込み、90分で使うことのできる3枚のカードを使い切った。


その執念が実ったのが、後半アディショナルタイム。右サイドからのクロスに、センターバックのペペがラユンと競り合いながら、右足を伸ばしてボレーシュートを叩き込んだ。


終了間際に追いつき、勢いに乗るポルトガル。延長前半13分にはジェウソンがラユンをかわそうとしたボールが手に当たり、PKの判定。PKスポットに立ったのは、途中出場のアドリアン。この日、チーム2度目のPKをゴール右に沈め、ポルトガルが勝ち越しに成功した。


その後、両チームとも一人ずつ退場者を出し、判定に納得のいかないメキシコのオソリオ監督が退席になるなど場内が騒然とする中、最後までリードを守りきったポルトガルが2対1で勝利。FIFAコンフェデレーションズカップを3位で終えた。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事