「新黄金世代」が未来への扉を開く。U-20日本代表を支えるG大阪三人衆

SPECIAL

「新黄金世代」が未来への扉を開く。U-20日本代表を支えるG大阪三人衆

By LEGENDS STADIUM編集部 ・ 2017.5.19

シェアする

2016年10月にバーレーンで開催されたAFC U-19選手権、この大会で初優勝した日本は5大会ぶりとなるFIFA U-20 ワールドカップ2017への出場権を獲得した。6試合を無失点で乗り切るなど内容的にも素晴らしい戦いぶりを見せたチームが次に挑むは同世代世界一決定戦。内山篤監督と選手達はJリーグの合間を縫って行われた国内外での強化合宿を経て、決戦の地・韓国に乗り込んだ。


飛び級でこのチームに参加した15歳、元FCバルセロナのカンテラ出身・久保建英に注目が集まっている。溢れる才能で貢献する可能性が高いことに疑いはないが、それもベースとなるチームがあってこそ。厳しいアジア予選を戦い抜き、本大会のチームにも選出されて生き残ったメンバーの中から、2016アジア年間最優秀ユース選手賞にも輝いた「超攻撃的MF」堂安律、「遠藤の後継者」として期待されるゲームメイカー市丸瑞希、両足で高精度のキックを繰り出す「二刀流クロッサー」初瀬亮、代表でもクラブでも公私共に抜群のコンビネーションを見せるガンバ大阪所属の3人に話を聞いた。


3人とも昨年、トップチームに昇格。頭角を表しつつあるそのプレイは、A代表経験者が揃うガンバでも輝きを放っている。あどけなさも残る表情と共に、ぜひ多くのサッカーファンに覚えてもらいたい逸材たちだ。また、3人の大先輩に当たる日本サッカー界のレジェンドであり、ガンバ大阪の魂でもある遠藤保仁が3人のプレイとポテンシャルを分析してくれた。遠藤が「黄金世代」と呼ばれた仲間たちと共に、ナイジェリアで開催された同大会で準優勝を飾ったのが1999年、当時3人は1〜2歳の赤ん坊だったと考えると感慨深い。あれから18年が過ぎた。彼らは韓国の地で、先輩が残した偉大な結果に挑戦する。その先にある東京五輪に、A代表につなげていくための扉を開く。3人の決意表明を、ぜひ映像でチェックしていただきたい。


※撮影は高木彰人選手の追加招集が決定する前に実施されました。


試合予定は以下の通り


FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017

グループステージ第一戦

南アフリカ vs 日本

5月21日(日)17時〜 キックオフ予定

BSフジ/フジテレビNEXTにて生中継


グループステージ第二戦

ウルグアイ vs 日本

5月24日(水)20時〜 キックオフ予定

フジテレビONEにて生中継/BSフジにて同日23時より録画放送


グループステージ第三戦

日本 vs イタリア

5月27日(土)20時〜 キックオフ予定

BSフジ/フジテレビTWOにて生中継


シェアする
LEGENDS STADIUM編集部

LEGENDS STADIUM編集部

日本代表が参加するのは実に5大会、10年ぶりとなるFIFA U-20ワールドカップが韓国で、5月20日〜6月11日の23日間に渡って開催される。2005年まではワールドユースと呼ばれていたこの大会、文字通り20歳以下(1997年1月1日以降生まれ)の選手のみで構成された24ヶ国の代表チームが世界一を競う。この大会の楽しみの一つは『次世代スターの発掘』であろう。20歳以下であっても既にビッグクラブで活躍するような選手もいるが、あくまでそれは一握り。その殆どが国際的には無名であり、この大会で名前を売り、欧州の檜舞台目指してステップしていこうという、野心溢れるヤングフットボーラーが集結する。

このスペシャルコンテンツの他の記事