あの『伝説のPK戦』を振り返る。名波浩、中澤佑二、遠藤保仁が2004年アジアカップ・ヨルダン戦をレビュー

あの『伝説のPK戦』を振り返る。名波浩、中澤佑二、遠藤保仁が2004年アジアカップ・ヨルダン戦をレビュー

2020.10.14

シェアする

元サッカー日本代表のレジェンド名波浩、中澤佑二、遠藤保仁が思い出深い過去の代表マッチを見ながら当時を振り返る『LEGEND MATCH REVIEW』、今回は2004年に中国で開催されたアジアカップ準々決勝、ヨルダン戦を取り上げる。この大会は2000年大会に続き日本が優勝、見事に連覇を飾ったのだが、映像の中で遠藤が「本当にアウェイを感じた」と触れている通り、中国人サポーターからの大ブーイングに晒され続けた大会でもあった。不可解なジャッジが散見し、グラウンド状態も良好とは言えず、気温も高いなど本格的なアウェイを克服しての優勝だっただけに、選手個人は勿論、日本サッカー界にとっても本当に価値のある経験となったが、中でもしんどかった試合がヨルダン戦だろう…

関連動画