モンゴル代表DFツェデンバル・ノルジモー「モンゴル代表の愛称は『蒼き狼』、私たちは狼のようなチームだ」

2022FIFAワールドカップカタール アジア2次予選 対戦チーム試合前日コメント

モンゴル代表DFツェデンバル・ノルジモー「モンゴル代表の愛称は『蒼き狼』、私たちは狼のようなチームだ」

2019.10.10

シェアする

10日に埼玉スタジアム2◯◯2で行われる2022FIFAワールドカップカタール アジア2次予選、日本代表と対峙するのはモンゴル代表だ。距離的に近く、大相撲など他競技では馴染みのあるモンゴルだが、サッカー日本代表戦とは初対戦にある。サッカー界ではまさに新興国と言える存在で、世界レベルはもちろん、アジアの大会でもほとんど結果を残していない。だが、今年6月に行われたアジア1次予選でブルネイを退け、初めてネクストラウンドに進出した。実力差のある相手ではあるが、日本から見ればこのステップも「かつて通って来た道」だ。予選通過を目指し、怪我のないようにしっかり結果を残すことはもちろんだが、アジアをリードする国として相手への敬意を示し、モンゴルのサッカーファンにもインパクトを残せるようなプレイを期待したい。前日調整を終えた同国代表ツェデンバル・ノルジモー選手、ビルグーン・ガンボルド選手に話を聞いた…

関連動画