フットサル日本代表、粘り強い守備で食い下がるも王者ブラジルに逆転負けで8強進出はならず

フットサル日本代表、粘り強い守備で食い下がるも王者ブラジルに逆転負けで8強進出はならず

2021.9.24 ・ 日本代表

シェアする

日本時間24日、FIFAフットサルワールドカップのラウンド16が行われ、日本はブラジルと対戦。歴代最多5度の優勝を誇るブラジルに挑んだ日本は、前半に星翔太のゴールで先制するが、4点を奪われて逆転負け。ベスト16で大会を去ることになった。


優勝候補ブラジルとの一戦。負ければ終わりのノックアウトステージ、日本のブルーノ・ガルシア監督が送り出したファーストセットは、GKピレス・イゴール、西谷良介、清水和也、逸見勝利ラファエル、オリベイラ・アルトゥールでスタートした。


立ち上がりから、日本は強度の高い守備でブラジル相手に仕掛けると、前半4分にはキャプテンマークを巻いた星翔太のゴールで先制する。


ブラジルはキャプテンのロドリゴ、エースのフェラオなどのタレントが迫力あるプレーで攻撃を牽引。日本ゴールに迫る。


すると前半5分、フェラオが星龍太を背負いながら鮮やかに反転し、左足を一閃。強烈なシュートを突き刺し、ブラジルが同点に追いついた。


その後の日本は西谷、清水がシュートを放つなどチャンスを作るが、ブラジルの守護神ギッタがゴールに立ちはだかり、追加点を奪うことができない。


一方のブラジルは大型で足元の技術が高いピト、レフティ・テクニシャンのレオナルドが攻撃に違いを作るが、日本はGKピレス・イゴールが安定したプレーでゴールに鍵をかける。


良い守備を攻撃につなげたい日本だが、プラジルのプレスを回避することができず、マイボールを失う流れが続く。


そして後半11分、レオナルドが右サイドを抜け出し、鮮やかなフェイントでGKピレス・イゴールの脇を破ってゴール。勝ち越しに成功する。


さらに後半18分には、ロングボールを受けたピトが胸トラップでGKをかわし、無人のゴールに蹴り込んで3点目。試合を決定づけた。


まずは1点返したい日本は、GKにオリベイラ・アルトゥールを起用するパワープレーに出る。するとその作戦が奏功し、西谷が左足で強烈なシュートを突き刺して3対2。1点差に詰め寄る。


しかし終了間際にパワープレーのボールを奪われると、ガデイアに決められて4対2。直後に試合終了のブザーが鳴り、日本はブラジルに2対4で敗戦。史上初のベスト8進出はならなかった。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事