森保ジャパン、FIFAランキング11位のメキシコに奮闘も後半2失点で惜敗

森保ジャパン、FIFAランキング11位のメキシコに奮闘も後半2失点で惜敗

2020.11.18 ・ 日本代表

シェアする

日本時間18日、オーストリアのグラーツで日本代表がメキシコ代表と対戦。前半は優勢に進めた日本だったが、後半に2失点を喫して敗戦。格上相手に勝利を収めることはできなかった。


2020年の最終戦、相手はFIFAランキング11位のメキシコ。W杯で上位進出を目指す森保ジャパンにとって、現在地を知る絶好の相手である。


スタメンはGKシュミット・ダニエル、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太。ダブルボランチに柴崎岳と遠藤航。右に伊東純也、左に原口元気。トップ下に鎌田大地。ワントップに鈴木武蔵が入る、4-2-3-1でスタートした。


立ち上がりから、両チームとも素早いプレスを掛け合う展開。互いに高い技術で相手をかわしながら、チャンスをうかがう。前半12分には原口がドリブルで持ち上がり、ペナルティエリアの外からミドルシュートを打つ。GKオチョアが左手一本で弾き出したが、惜しい場面だった。


続く14分には、原口のパスを受けた鈴木がゴール前でGKと1対1を迎え、右足でシュートを打つ。決定機だったが、これもGKオチョアのファインセーブに遭い、ゴールならず。立て続けにチャンスを作り出す日本は、格上のメキシコ相手に一歩も引かない。


守備では自陣にセットした状態から、鋭い出足でボールを奪う形が機能。奪ったボールを右サイドの伊東に展開し、素早い攻撃でメキシコゴールに迫っていく。


後半11分、日本は鈴木、柴崎に替えて、南野拓実、橋本拳人を投入。対するメキシコも選手交代で流れを作ると、劣勢だったボール支配率が回復し始める。


そして後半18分、メキシコは左サイドをコンビネーションで突破し、最後はエースのヒメネスが右足でシュート。ゴール右に流し込み、メキシコが先制する。


後半23分には、メキシコがインターセプトから中央を突破し、最終ラインの裏に抜け出したロサーノがGKシュミット・ダニエルと1対1の場面で、ゴール左にシュートを突き刺し、リードを広げる。


日本は後半27分、原口に替えて久保建英、後半32分には鎌田を下げて、浅野拓磨を送り込む。さらに後半40分には伊東に替えて、三好康児を入れるが、メキシコの固い守備をこじ開けることはできず。濃霧の中で奮闘したが、0対2で敗戦を喫した。


試合後、森保一監督は「自分たちの流れに持ってきて、チャンスがいくつかできたときに得点を奪うことができたら、違う展開になったと思う。強い相手に流れを渡すと、難しい展開になる」と振り返った。


キャプテンの吉田は「前半の途中、チャンスを作っていたときに点が取れなくて、前半終盤からリズムを持っていかれて、後半ワンチャンスをものにされた。メキシコからたくさんのことを学べるんじゃないかと思う。これだけ差があるんだと自覚して、レベルアップしなければいけない」と厳しい表情で振り返った。


この試合により、日本代表の2020年の強化試合は終了。今後は2021年3月に開催が予定されているカタールW杯アジア二次予選に向けて、準備を進めていく。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事