森保監督が明かす豪州戦「4-3-3」システム変更の舞台裏。サウジ戦前から「むしろ3バックを考えていた」

森保監督が明かす豪州戦「4-3-3」システム変更の舞台裏。サウジ戦前から「むしろ3バックを考えていた」

2021.10.19 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表の森保一監督が10月19日、オンライン取材に応じ、オーストラリア戦で採用した4-3-3のシステム変更について言及した。


 10月シリーズを終えて隔離期間がこの日の朝に解けたという森保監督は、同期間中にここまでの日本代表の戦いを振り返った。


「4試合やって思うような結果ではない。想像力をもっと自分の中で持たないといけない。予測力をもっと上げていかなければならない」とし、「想像力」や「予測力」、「準備力」のレベルアップを掲げた。


 またオーストラリア戦で従来の「4-2-3-1」から「4-3-3」へシステムを変更した経緯を聞かれると、以下のように明かした。


「(システム変更を決めたのは)サウジ戦が終わった後。経緯は、劇的に変えようと思ったわけではなく、基本的なベースの考えは変わっていない。練習を見ていて、これまでの活動や、代表活動前のスカウティングを基に決めました。守田(英正)と(田中)碧は試合のスタートで使っても良いと思っていた。ほかの選手についてもその考えはあったが、直前の練習を見て決めました」


 システム変更については怪我で離脱していた堂安律や久保建英がいても変わらなかったという。


「怪我の久保や堂安がいてもやっていたと思う。律にしてもタケにしても、ウイングもインサイドもできると思う。律と(伊東)純也はタイプは違うが、それぞれの個性を生かして戦えると思う。それと同時に3バックも考えていました。最初から決まっていたわけではなくて、練習から我々の良さを発揮して戦うことを考えたうえでの決断です。むしろ戦う前には3バックを考えていました。サウジ戦からです」

  また今回の「4-3-3」システムでの戦い方には、これまでの日本代表の歴史が詰まっていたという。


「南ア(2010年の南アフリカ・ワールドカップ)で岡田(武史元日本代表監督)さんが4-3-3をやっていました。そこをイメージして、守備の時は4-5-1になったりと、岡田さんが南アでやっていたサイドのケアを意識しました」


 そして今後アジアを戦い抜き、目標としているワールドカップでのベスト16の壁を突破するためにも過去の日本代表からの知見を活かしていきたいという。


「これまで日本は3回、ベスト16に進出しています。ひとつずつ言うと、トルシエさんの時(2002年の日韓大会)は組織力を持ってすれば、世界と戦っていけるという学びがありました。岡田さんの時は、良い守備から良い攻撃へ。西野(朗)さんの時(2018年のロシア大会)は、やはり攻撃だったなと。日本人はボールをもっと握れる。速攻も遅攻も、もっとボールが握れるというメッセージをくれたと思う。それらの部分で我々のチーム作りを、必要な力を培いながら、目標を達成できるようにしたいと思う」。そう今後の日本代表の強化について語った。


 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の11月シリーズで、森保ジャパンはベトナム、オマーンとのアウェー2連戦に挑む。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事