五輪代表チームへの生き残りをかけ選手たちが躍動!なでしこジャパンがウクライナに8-0で完勝

五輪代表チームへの生き残りをかけ選手たちが躍動!なでしこジャパンがウクライナに8-0で完勝

2021.6.11 ・ なでしこ

シェアする

10日、サッカー女子日本代表“なでしこジャパン”が、エディオンスタジアム広島でウクライナ女子代表と対戦。試合は代表デビュー戦となる塩越柚歩の2ゴールを含む、8ゴールをあげたなでしこが完勝。東京五輪に向けて、仕上がりの良さを示した。


東京五輪のメンバー発表まで残り2試合。強化を進めるなでしこは、FIFAランキング31位のウクライナと対戦した。


スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、宝田沙織、北村菜々美。ダブルボランチは中島依美と三浦成美。右に塩越柚歩、左に長谷川唯。2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。


前半5分、岩渕が高い位置ボールを奪うと、中央にドリブルで切れ込み、ゴール前へグラウンダーのボールを送る。ニアサイドで菅澤がスルーし、走り込んできた塩越が右足で蹴り込んだ。


早い時間に先制したなでしこは、前半30分、中島が右からクロスを入れると、ゴール正面の岩渕が右足でボレーシュート。鮮やかにゴールに突き刺し、リードを2点に広げた。


前半38分には中島の右からのコーナーキックを、フリーの宝田が右足を一閃。2点目と同じような形で追加点をあげると、前半41分には、岩渕のシュートの跳ね返りを塩越が右足で蹴り込み4点目。4対0で前半を折り返す。


後半13分には、長谷川のクロスをファーサイドで受けた塩越が落ち着いたボールコントロールで中央に折り返し、岩渕が右足ダイレクトで流し込んでゴール。5点目を奪う。


後半15分には菅澤、塩越を下げて、田中美南と籾木結花を投入。後半22分には三浦、長谷川に替えて、杉田妃和、林穂之香がピッチに入った。さらに後半31分には、2ゴールの岩渕に替えて、遠藤純を送り込む。


後半35分、中島のコーナーキックの跳ね返りを、杉田が左足ボレーで突き刺して6点目。途中出場の杉田が、早速結果でアピールする。


後半38分には宝田に替えて、土光真代が入った。最後まで攻撃の手を緩めないなでしこ。後半44分には、中島のクロスをウクライナの選手がハンド。PKを獲得し、田中がゴール左に蹴り込んだ。


後半45分には、左サイドを遠藤がドリブルで切れ込み、中央に折り返す。ファーサイドにいた籾木が左足で合わせて8点目。なでしこがウクライナを圧倒し、8対0で勝利した。


試合後、高倉麻子監督は「みんな、自分の持っているものを精一杯出してくれた。積極的なチャレンジをしてくれている」と話し、2ゴールの岩渕は「1点目も2点目もあわせるだけ。うまく決めることができて良かった。2点取れたことは良かったけど、もう1段階、2段階レベルアップしないと五輪では厳しい。全員で高い意識を持って継続したい」と満足することなく、五輪を見据えて話した。


なでしこの次戦は13日(日)MS&ADカップ・メキシコ戦。試合は14時キックオフ。テレビ朝日系列にて全国生中継される。(一部地域除く)


写真提供:getty images

シェアする

最新記事