【ハイライト動画】なでしこジャパン、優勝候補豪州に引き分けW杯出場権を獲得

【ハイライト動画】なでしこジャパン、優勝候補豪州に引き分けW杯出場権を獲得

2018.4.14 ・ なでしこ

シェアする

日本時間13日、AFC女子アジアカップ、グループステージ3戦目のオーストラリア女子代表戦がヨルダンで行われ、グループ1位のオーストラリア、2位日本が戦う大一番は、互いに譲らず1対1の引き分け。この結果により、日本とオーストラリアのグループ2位以内が決まり、来年フランスで開催されるワールドカップの出場権を獲得した。


ワールドカップの出場権を獲得するため、1対1以上の引き分け、もしくは勝利が必要ななでしこ。負けられない試合のスタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。ダブルボランチに阪口夢穂と宇津木瑠美。右に中島依美、左に長谷川唯。2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。


最初の決定機はオーストラリア。前半14分、右サイドを抜け出したカーが中央へクロスを入れると、走り込んで来たデバンナがスライディングシュートを打つ。あわやゴールというピンチだったが、右サイドバックの清水が体を張ってゴールを死守する。


その後もなでしこは防戦一方。自陣でボールを奪っても攻撃に転じる術がなく、パスを奪われて攻め込まれるという悪循環。前半はオーストラリアペースで終わり、ハーフタイムに突入した。


なでしこの後半最初のシュートは後半17分。長谷川からサイドチェンジのパスを受けた岩渕がドリブルで切れ込み、右足でシュートを打つが、GKの正面を突く。岩渕の積極的なプレーでリズムを作ると、直後の18分、なでしこがオーストラリアゴールをこじ開ける。岩渕のスルーパスに抜け出した長谷川の折り返しを受けた阪口が、左足ダイレクトでニアサイドに流し込んだ。


1点リードしたなでしこは、攻守のバランスを意識しながら、攻め急ぐことなくゲームをコントロール。後半37分には、負傷の長谷川に替えて増矢理花が入る。


すると後半41分、GK山下がカーと競り合い、ボールをこぼしたところを押し込まれ、オーストラリアにゴールを許してしまう。スコアが1対1になったところで、このまま試合が終われば両チームとも2位以内が確定するため、なでしこが最終ラインでパスを回し、オーストラリアはボールを奪いに来ないという構図が続く。


結局、アディショナルタイムを含めて6分間、なでしこがボールを保持し続け、試合終了のホイッスルが鳴った。これによりグループBは1位オーストラリア、2位が日本となり、両チームがワールドカップの出場権を獲得した。


試合後、高倉麻子監督は「前半は攻め込まれる時間が長かったですが、そういう展開は分かっていたので、よく耐えてくれました。後半、相手の足が止まったところで、1点とったのはプラン通りでしたが、最後に押し込まれてしまいました。引き分けは残念ですが、出場権を獲得しましたし、ここから優勝目指して頑張っていきたい」と笑顔を見せた。


値千金のゴールを決めた阪口は「いい時間帯に点が取れて、チームに貢献できて良かった。準決勝の切符を取れたので、優勝できるように頑張りたい」と安堵の表情で試合を振り返った。


グループステージを1勝2分で乗り切り、2位で通過を果たしたなでしこ。準決勝の相手は中国に決まった。アジア連覇に向けて負けられない準決勝は17日(火)深夜1時26分より、テレビ朝日系列で生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事