「もはや管理能力は問題ではない」悪夢の5失点惨敗のマンU、現地紙がスールシャール監督を糾弾! 本人は「どん底にいて…」

「もはや管理能力は問題ではない」悪夢の5失点惨敗のマンU、現地紙がスールシャール監督を糾弾! 本人は「どん底にいて…」

2021.10.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 まさかの結果となった。


 現地時間10月24日にプレミアリーグ第9節が開催され、6位のマンチェスター・ユナイテッドは、3位のリバプールと本拠地オールド・トラフォードで対戦。直近のリーグ戦で3戦未勝利と苦戦が続くなかで難敵を叩き、一気に上昇気流に乗りたいところだったが、開始5分にナビ・ケイタに先制を許すと、その後も失点を重ね、前半だけ4ゴールを献上する。


 さらに後半に入って50分にモハメド・サラーにハットトリックを許すと、60分にポール・ポグバが痛恨の一発退場となり、万事休す。数的不利となったユナイテッドは、そのまま反撃できずに0-5で悪夢の大敗を喫した。



 あまりに厳しい結果に、英紙『The Sun』は、かねてより解任論が声高に上げられているオレ・グンナー・スールシャール監督を糾弾している。


「もはやスールシャールにエリートクラブを管理する能力があるかどうかは問題ではない。今や、マンチェスター・ユナイテッドのボスに自戒の念があるかどうか、あるいは恥じているかどうかが問題なのだ。しかし、ユナイテッドの取締役会は、このノルウェー人を解雇しないことを断言している」


 2011-12シーズンのマンチェスター・ダービーでは、マリオ・バロテッリに2ゴールを許すなど、1-6で宿敵シティに完敗したが、同メディアは「今回の一戦はそれ以下だ」と切り捨てている。

 「10年前、バロテッリとマンチェスター・シティに1-6の大敗を喫したときよりも、さらに散々な敗北を喫したことで、スールシャールはサポーターたちから容赦なく、そして絶え間なく馬鹿にされた。ユナイテッドにとって幸運だったのは、(リバプールの指揮官)クロップが試合終了30分前に10人での勝利を宣言したことだが、彼らは明らかにスールシャールの退任を望んでいない」


 一方、クラブ公式サイトによれば、スールシャール本人も就任以来、最悪の試合だったと認めているようだ。


「私が選手たちを率いてきたなかで、最も暗い1日だったということを除けば、何かを言うのは簡単ではない。全体のパフォーマンスが十分ではなかったことは確かだ。我々はオープンスペースを作り、相手はチャンスを得て、それを確実にものにした。序盤のチャンスをものにできず、3点目が試合を決めてしまった」


 48歳のノルウェー人指揮官は、今後に向け「私たちはどん底にいて、これ以上悪いことはないと思っている」とコメント。スーパースター、クリスチアーノ・ロナウドも復帰し、2012-13シーズン以来のリーグタイトルを目指す名門は、窮地を脱することができるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事