「セルティックのスターで間違いない」1G1AでEL連勝に導いた古橋亨梧を現地紙が激賞!「交代は相手への慈悲」

「セルティックのスターで間違いない」1G1AでEL連勝に導いた古橋亨梧を現地紙が激賞!「交代は相手への慈悲」

2021.11.5 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間11月4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節(G組)が開催され、古橋亨梧の所属する勝点3で3位のセルティック(スコットランド)は、3戦全敗で最下位のフェレンツバロシュ(ハンガリー)と敵地で対戦した。


 セルティックは開始3分、いきなり先制点を奪う。ゴール前でボールを奪ったリエル・アバダからペナルティエリア内で古橋がラストパスを受けると、キックフェイントで冷静に相手1人を倒してから、左足でゴールへ流し込んだ。今夏に加入した日本代表FWは、公式戦17試合目の出場で11ゴール目となった。



 セルティックは直後の11分に、相手FWオレクサンドル・ズブコフのシュートが、ディフレクションしてゴールを許すも、23分にジョッタがエリア手前から右足で豪快に叩き込み再び勝ち越すと、60分には古橋からの絶妙なスルーパスに反応したアバダがネットを揺らし、リードを2点に広げる。


 その後は勝たなければグループステージ突破の望みが絶たれるハンガリー王者の反撃に遭い、86分にミルト・ウズニにミドルシュートで1点を返されるも、同点弾は許さず。3-2で逃げ切り、連敗スタートから星を五分に戻した。

  クラブ公式サイトによれば、アンジェ・ポステコグルー監督は「彼らの努力にはとても満足している。今夜の我々のサッカーは本当に良かったと思う。私たちは3つの素晴らしいゴールを決めた。2点目を許したのは残念だったけどね」とコメント。


 古橋、ジョッタ、アバダと3トップが揃って得点を挙げたことには「チームの全ての部分が機能していた。前線の3人は素晴らしかったが、彼らは他の選手がチャンスを与えてくれることで成り立っている。だからこそ彼らには素晴らしい褒美が与えられ、3つの素晴らしいゴールが生まれた」と、チーム一丸での勝利を強調した。


 一方、現地紙は、圧巻の1ゴール・1アシストで勝利の立役者となった快速アタッカーを高評価。『Daily Record』は採点記事でチームトップタイの「8」を付け、寸評には「オープニングゴールは、冷静にマーカーをいなしてからシュートを打つという、格別なものだった。3点目は、物凄いパスでアバダをお膳立てしてみせた」と記した。


 また、『The Guardian』は試合結果を伝える記事の中で、「日本人FWは、今シーズンのセルティックのスターであることは間違いない。シュートを打つ前にボールを左足に持ち替えて、ホームのディフェンスを陽気に踊らせた。3点目の場面では、キョウゴはクリエーターとして活躍。完璧なパスをアバダに通した」と絶賛。そのうえで70分でベンチへ下がったことには「キョウゴの退場は、フェレンツバロシュへの慈悲の行為に見えた」と言い放っている。


 海外初挑戦ながら、中心選手として圧倒的な活躍を続ける古橋。名門を高みへ導くのと同時に、この先どこまで個人の数字を伸ばしていけるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事