【欧州カンファレンスリーグ決勝展望】名将率いるローマと“小野伸二以来”を目指すフェイエノールトが激突!初代王者に輝くのは――

【欧州カンファレンスリーグ決勝展望】名将率いるローマと“小野伸二以来”を目指すフェイエノールトが激突!初代王者に輝くのは――

2022.5.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 下馬評通りに勝ち上がったローマと、今大会トップの得点力で勝ち進んだフェイエノールトによるヨーロッパカンファレンスリーグの決勝は、日本時間5月26日にアルバニアで開催される。今シーズンからスタートした新コンペティションの初代王者に輝くのは――。


――◆――◆――


ヨーロッパカンファレンスリーグ決勝

ローマ VS フェイエノールト

日本時間5月26日4:00キックオフ

会場/アレーナ・コンベターレ(ティラナ/アルバニア)


●ローマ(セリエA/イタリア)

今大会成績(準決勝終了時):7勝3分2敗/27得点・15失点


●フェイエノールト(エールディビジ/オランダ)

今大会成績(準決勝終了時):8勝4分0敗/28得点・15失点


 1960-61シーズンのフェアーズ・カップ(現行のヨーロッパリーグの前身で、1970-71シーズンまでの名称。以後、2008-09シーズンまではUEFAカップ)で優勝して以来、61年ぶりとなる欧州カップ戦制覇に王手をかけるローマの最大の武器は、切れ味鋭いカウンターだ。


 今大会9ゴールの主砲エイブラハム、準々決勝第2レグのボデ/グリムト戦でハットトリックを達成したザニオーロをオープンスペースへ走らせてゴールに襲い掛かる。


  ローマは5月20日に行なわれたセリエA最終節でトリノに快勝。来シーズンのEL出場権を獲得し、チームの士気は上がっている。


 もちろん、カップ戦に強いモウリーニョ監督の存在も頼もしい。決勝進出時にむせび泣いた名将の情熱は、チームを勝利へと突き動かす源になるはずだ。

  一方、フェイエノールトの生命線は、トップ下のティルとCFのデッセルスだ。


 前者のオランダ代表MFは国内リーグで15得点、後者のナイジェリア代表FWは今大会唯一の二桁ゴールと目覚ましい結果を残している。ハイプレスによる守備での貢献度も高い両雄は、攻守に渡ってローマを苦しめそうだ。


 懸念は、サイドの主力である左SBのタイレル・マラシアと右ウイングのリース・ネルソンの状態だ。ともに怪我から復帰できるか微妙なところで、出場できたとしてもコンディションに不安が残る。


 フェイエノールトが優勝となれば、小野伸二やヨン・ダール・トマソンらを擁し、ヨーロッパリーグの前身となるUEFAカップを制覇した2001-02シーズン以来20年ぶりの快挙となる。


 チームのタレント力では劣るものの、ローマ優位の下馬評を覆し、ヨーロッパカンファレンスリーグ初代王者の栄冠を掴めるか。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事