【J1ベストイレブン】MVPはガンバのエース!仙台から2選手が初選出|33節

【J1ベストイレブン】MVPはガンバのエース!仙台から2選手が初選出|33節

2021.10.25 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは、10月22~24日にJ1第33節の10試合を各地で開催した。ここでは、今節の全試合の中からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。


 今節の主役は、チームを3試合ぶりの勝利に導く決勝弾を決めたガンバ大阪の宇佐美貴史だ。


 サガン鳥栖戦で先発した宇佐美は、「相手ゴールに向かう姿勢をもっと強烈に出さないといけない」という松波正信監督の言葉を体現。10分、相手CKの流れから一斉にカウンターを仕掛けるなかで、山本悠樹からのパスを受けると、ペナルティエリア内に侵入し左足を一閃。貴重な先制弾をもたらすと、苦しい時間帯に守備でもギアを上げ、残留争いから一歩遠ざかる白星に貢献。チームを救ったエースを今節のMVPに選出した。


 G大阪からは、ミスはあったものの、最後まで鳥栖の攻撃陣を封じた菅沼駿哉もピックアップしている。

  ベガルタ仙台からも同じく2選手を選出した。関口訓充は残留争いで苦しむチームを奮い立たせる先制ゴールを決め、吉野恭平はピンチの場面で球際への強さを見せて、身体を張ってボールをゴール前からかき出した。二人そろって初のベストイレブン入りとなった。


 同じく初選出が2選手。浦和レッズの柴戸海は、柏レイソルを相手にチームが奪った5得点のうち2ゴールに絡む活躍を見せ、ボランチとしてチームに安定感ももたらした。セレッソ大阪の加藤陸次樹は優勝争いを続ける横浜F・マリノスを下す値千金の決勝点のほか、走力を活かして守備でもチームに欠かせぬ選手となっていた。


 そのほか、首位を走る川崎フロンターレからは無敵の空中戦で清水攻撃陣を封じたジェジエウ、それぞれ2得点に絡んだヴィッセル神戸の武藤嘉紀と、湘南ベルマーレの山田直輝をチョイス。GKには粘り強く耐え続け、ビッグセーブも披露した北海道コンサドーレ札幌の菅野孝憲を選出している。



 【今節のベストイレブン】

GK

1 菅野孝憲(札幌)6.5●3回目

攻撃陣が沈黙するなかで、この試合でも粘り強く耐え続けた。後半立ち上がりにはビッグセーブも見せ、勝点獲得の立役者となった。


DF

4 ジェジエウ(川崎)7.5●2回目

空中戦はほぼ無敵。背後へのボールも抜群のスプリントで防ぎ、サンタナに仕事をさせなかった。持ち上がりからチャンスも創出し、チームに安定感をもたらした。


16 吉野恭平(仙台)6.5●初選出

ピンチの場面で球際への強さを見せて、身体を張ってボールをゴール前からかき出す場面が目立った。仙台のディフェンスリーダーとして古巣相手に立ちはだかった。


13 菅沼駿哉(G大阪)6.5●初選出

前半に2度ほど、攻撃で持ち上がった際にパスミスをし、カウンターを受けたのは反省。ただキム・ヨングォン交代後、佐藤とのコンビで完封に成功した。


MF

11 宮代大聖(徳島)7●3回目

27分、CKのこぼれ球に反応し、ゴール正面からグランダーのシュートを放つも、GKのスーパーセーブに阻まれる。69分、CKに頭で合わせたカカのシュートのはね返りに素早く反応。コントロールされた鋭いミドルシュートでネットを揺らし、徳島に先制点をもたらした。このほかにも、枠内シュートを多く放った宮代をMOMに選出した。


29 柴戸 海(浦和)7.5●初選出

先制点の場面では寄せられても落ち着いて出したワンタッチパスで局面を前に。2点目のPKも前線まで走り込む積極性で彼が獲得。平野とは名コンビになりつつある。

 7 関口訓充(仙台)6.5●初選出

残留争いで苦しむチームを奮い立たせる先制ゴールはポジション取りもシュートも見事。その後も攻守でハードワークし、チームのためのプレーを全うした。交代後もベンチからチームメイトを鼓舞し続けた。


10 山田直輝(湘南)7●2回目

積極的にボールを引き出し攻撃を活性化。クロスで同点ゴールをお膳立てすると、終盤決勝点を仕留め、2得点に絡んだ。


11 武藤嘉紀(神戸)6.5●2回目

球際の身体の強さやクロスへの飛び込みの鋭さを見せ、後半はFWから中盤に移ってさらに躍動。先制点を目ざとく仕留め、PK獲得のビッグプレーも。神戸を救った。


FW

THIS WEEK MVP

39 宇佐美貴史(G大阪)7●3回目

試合前、仲間に話したという攻めへの意識を体現。高速カウンターから決めた先制点は利き足とは逆だが、さすがの精度だった。苦しい時間帯に守備もギアを上げた。


29 加藤陸次樹(C大阪)6.5●初選出

34分に迎えた決定機は決めたかった。ただ決勝ゴールだけでなく、走力を活かして守備でもチームに欠かせぬ選手となっていた。


※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。

採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

●は今シーズンのベストイレブン選出回数。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事