釜本邦茂氏が、小学生を熱血指導! 「KAMAMOTO Football Festival in 静岡」レポート

釜本邦茂氏が、小学生を熱血指導! 「KAMAMOTO Football Festival in 静岡」レポート

2021.12.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 株式会社スリーボンド主催の「KAMAMOTO Football Festival」は、同社の社会・地域貢献活動の一環として行なわれているサッカー教室で、釜本邦茂さんと一緒に年3回のペースで全国各地を回っている。


 今年2度目の開催地となったのは静岡県磐田市。他の地域に比べると女の子の参加が多かったのは、さすがは日本の“サッカーどころ”といったところか。小雨や寒さも心配されていたが、すばらしいサッカー日和となり、集まった100名の子どもたちの大半が半袖だった。


 開会式が終わると、すぐに釜本さんによるサッカー教室がスタート。ボールを使ったストレッチからドリブル、パスなどの基礎練習を行なって身体をほぐすと、マイクを特別講師の福西崇史さんに渡して、より実践的なメニューへ。釜本さん直伝のキック講座があったり、イベントをサポートしてくれた女子サッカーの名門、磐田東高校の選手たちとドリブル競争があったりと、盛りだくさんの内容だった。


 後半のミニゲームに入っても、子どもたちのエネルギーは落ちることなく元気いっぱい。やはり高学年はレベルが高かった。最後は学年ごとにリフティング大会が行なわれ、優勝者が表彰された。彼らを中心に講師やスタッフも混じって実施された、磐田東高校チームとのエキシビジョンマッチもおおいに盛り上がった。


 サッカー少年少女を応援したい、という思いのつまった「KAMAMOTO Football Festival」は、およそ4時間、楽しさ満載のイベントになったが、その中でも上達、成長のためのヒントはたくさんあった。また、新たなモチベーションを感じた子もいただろう。それぞれが成長して、これからも“サッカーどころ”静岡の意地と力を全国に見せつけてほしい。

キミと未来をつなぐ

~ ThreeBond ~

 3つのボンド 


◆福西崇史◆


1 サッカーを心から

  楽しむことが大切。

  自分から進んで練習しよう!


2 近い目標を決めて、

  それをクリアしたら、次の目標へ。

  焦らずに、ステップアップしていく

  ことが上達のカギ。


3 食事・睡眠もしっかりとろう。



(『サッカーダイジェスト』12月9日号より転載)


「KAMAMOTO Football Festival」は全国各地に支店、営業所、生産拠点を持つ株式会社スリーボンドの社会・地域貢献活動の一環として行なわれています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事