「最高の一日を迎えた」鎌田大地、独誌でMOM選出!長谷部誠もチーム単独2位と高評価

「最高の一日を迎えた」鎌田大地、独誌でMOM選出!長谷部誠もチーム単独2位と高評価

2022.1.18 ・ 日本代表

シェアする

アウクスブルク戦にフル出場したフランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠が、ドイツ誌『キッカー』でチームトップの評価を得ている。


16日に行われたブンデスリーガ第19節アウクスルブルク対フランクフルトは1-1引き分けで決着。この試合の22分に相手GKを見事にかわしながら先制ゴールを奪った鎌田は、『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。


同誌は鎌田のパフォーマンスを両チーム単独最高点の「2」と称賛。「MFの軸である熱心なダイチ・カマダは、素晴らしいプレーからゴールを決めて輝き、創造的なアイデアで攻撃を活性化させた」という寸評ほか、マッチレポートでは次のようにも記されている。


「ダイチ・カマダは最高の一日を迎えた。この日本人選手はフランクフルトのメンバーで最多となるデュエル(17本)を戦い、そのうち58.8%を制している。このゲームメーカーは以前、デュエルの意欲が足りないと批判もされたが、最近は目立つほどに多くのボールを奪取する試合が増えてきた。この25歳はフットボールのうまさも失っておらず、アイントラハトにとってさらに貴重な存在となっている」


また同誌では、2試合ぶりに3バックの中央で先発した長谷部が「2.5」と鎌田に次ぐ評価に。フランクフルトのほかのメンバーは「3」以下の評価となり、日本人選手の2人にチーム1位と2位の評価が与えられた格好だ。


(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)



記事提供:Goal

シェアする

最新記事