「マドリー入りの夢は決して終わっていない」渦中のエムバペが移籍を拒否したレアルへの思いを明かす!「偉大な選手になるためには正直でないと」

「マドリー入りの夢は決して終わっていない」渦中のエムバペが移籍を拒否したレアルへの思いを明かす!「偉大な選手になるためには正直でないと」

2022.5.24 ・ 海外サッカー

シェアする

 5月21日、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エムバペは、2025年まで3年間の契約延長にサインしたことを発表した。


 契約満了となる今シーズン限りでパリSGを退団し、かねてより相思相愛だったレアル・マドリーへの移籍するものと見られていたが、一転して残留。この決断には、マドリーのファンやスペイン・メディア、ラ・リーガから痛烈な批判を浴びた。


 そんななか、その23歳が23日に掲載された英公共放送『BBC』のインタビューで、この残留騒動について語った。


「将来、何が起こるかを決して分からない。未来について考えることはしないようにした。現在についてのみ考える。そして今、パリ・サンジェルマンで3年間の新しい契約にサインしたんだ」


 そう話したエムバペは、契約延長をしたことで、レアル・マドリーでプレーする夢が終わったかどうかを尋ねられると、「決して終わっていない」と述べた。


 また、「先週、残留することを決めた」という怪物は「まず、レアル・マドリーの(フロレンティーノ・ぺレス)会長と話をした。彼とクラブをとても尊敬しているからだ。『行かない』と個人的に言うことが重要だったと思う」と明かしている。


「偉大な選手になるためには、正直でならなければいけない。僕たちは良い関係にあるので、すべてこれで良かったと思う」


 このエムバペの発言は、マドリーサイドにどう受け止められただろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事