発足から3年半、森保Jは苦闘の経験をW杯イヤーにどう生かす? 波乱の船出、批判を呼んだアジアでの惨敗…

発足から3年半、森保Jは苦闘の経験をW杯イヤーにどう生かす? 波乱の船出、批判を呼んだアジアでの惨敗…

2022.1.14 ・ 日本代表

シェアする

 1月27日と2月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国&サウジアラビア2連戦(埼玉)に向け、森保一監督率いる日本代表が17日から再始動する。


 今回は国内組のコンディション調整に主眼を置いたウズベキスタン戦(埼玉)を21日に実施予定だったが、新型コロナのオミクロン株拡大でキャンセルが決定。トレーニングのみになってしまった。オフ明けの長友佑都(FC東京)、大迫勇也(神戸)、酒井宏樹(浦和)らに実戦感覚を取り戻させるとともに、選手層拡大を図ろうという森保一監督の思惑通りにはならない見込みだ。


 欧州組の方もアクシデントが続いている。キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が右太ももを負傷。予選参戦が困難になった。すでにケガで離脱中の古橋亨梧(セルティック)、三笘薫(サン・ジロワーズ)らの状態も不透明だし、伊東純也(ゲンク)や板倉滉(シャルケ)らコロナ陽性者の回復具合も気になるところ。久保建英(マジョルカ)が8日のレバンテ戦で公式戦フル出場を果たしたのは朗報だが、チーム全体として不安山積なのは確かだ。


 改めて考えると、森保ジャパンは歴代代表チームの中でも想定外の出来事が突出して多い。思い起こせば、新体制初陣になるはずだった2018年9月のチリ戦(札幌)も地震で中止となり、暗雲が垂れ込めるスタートを強いられた。同年11月のベネズエラ戦(大分)では選手バスが大渋滞に巻き込まれ、スタジアム到着が試合開始直前になるという出来事もあった。堂安律(PSV)、南野拓実(リバプール)、中島翔哉(ポルティモネンセ)の「三銃士」が凄まじい攻撃の推進力を見せ、冨安も急成長するなど、若い力の躍進は見て取れたが、そのまま順調にいくとは言い切れない部分があった。


 その厳しい事実を象徴したのが、2019年アジアカップ(UAE)だ。当時背番号10を背負っていた中島がケガで辞退し、エース大迫も初戦で負傷すると、攻撃陣がノッキングを起こしたのだ。冨安は吉田をしのぐほどの安定感を見せ、長友に「これで19歳とは思えない」と絶賛されたが、強固な守備だけではアジアタイトルは取れず、決勝でカタールに敗れて準優勝。チームは最初の壁にぶつかった。

  その後、森保監督は2018年ロシアW杯組の香川真司(シント=トロイデン)や岡崎慎司(ウエスカ)、宇佐美貴史、昌子源(ともにG大阪)らを呼び戻すと同時に、当時17歳の久保建英ら若手にチャンスを与え、選手層拡大に務めた。


 久保は19年6月のエル・サルバドル戦(宮城)で初キャップを飾り、直後のコパ・アメリカ(ブラジル)でもインパクトを残すなど、新風を巻き起こしそうなムードもあった。だが、手堅い森保監督はアジアカップの土台を重視。同年9月に2次予選に突入した。

  一発目のミャンマー戦(ヤンゴン)を期待の中島、南野の2発で勝ち切ったところまではまだよかった。しかし、大迫が10・11月シリーズを欠場すると、瞬く間に「1トップ問題」に直面する。指揮官は永井謙佑(FC東京)や鎌田大地(フランクフルト)をトライしたり、南野を前に上げたりと創意工夫を凝らすが、最適解はなかなか見つからない。


 モンゴル、タジキスタン、キルギスとの実力差にも助けられ、苦戦しながらも勝ち続けたが、同年11月のベネズエラ戦(吹田)を1-4で大敗すると、森保監督解任論が浮上。12月のE-1選手権(釜山)で宿敵・韓国に苦杯を喫し、2020年1月のU-23アジア選手権を未勝利で1次リーグ敗退すると、指揮官への批判は最高潮に達した。


 そして直後にコロナのパンデミックが深刻化。2次予選が中断され、代表活動が半年以上ストップしてしまう。東京五輪も1年延期が決定。森保監督も長期間の足踏み状態を余儀なくされた。


 ただ、その間にJFA(日本サッカー協会)の技術委員会の体制も大幅に変化。関塚隆氏から反町康治氏へと委員長が交代した。これにより「1チーム・2カテゴリー」の体制が明確になり、森保監督がA代表、横内昭展コーチが五輪代表を主に指導しつつ、お互いを補完し合うという関係性が確立された。指揮官は空白期間を「いい仕切り直しの時間」にできたのである。

  最重要課題の1トップ問題に関しては、その後も鈴木武蔵(ベールスホット)や浅野拓磨(ボーフム)、オナイウ阿道(トゥールーズ)らをトライするも、大迫不在の穴は埋めきれなかった。課題は今現在も解決されないままだが、遠藤航(シュツットガルト)、伊東、鎌田、守田英正(サンタクララ)らが所属クラブで結果を出し、チームの軸を担う存在に成長していくという朗報もあった。こうした成果もあり、21年3月に再開された2次予選後半戦ではモンゴルに14-0、ミャンマーに10-0など大勝。終わってみれば、8戦全勝・総得点46・総失点2という圧倒的な数字を残すことに成功した。

  一方の五輪代表も、久保や田中碧(デュッセルドルフ)、中山雄太(ズヴォレ)、板倉らが戦力となり、2020年1月にアジアで惨敗した時とは嘘のように充実したチームになった。2021年のテストマッチでは久保と堂安が躍動。守備陣にもオーバーエージの吉田、酒井、遠藤が加わったことで強固な集団が生まれつつあった。


 発足当初からの数々のアクシデントを乗り切った森保監督。彼は大いなる自信を胸に、1年延期となった東京五輪、W杯アジア最終予選へと挑めるはずだった……。(後編へ続く)


※次回は1月15日に掲載します。


文●元川悦子(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事