森保ジャパン、アジア最終予選は序盤2敗も辛酸を舐めた東京五輪世代が台頭! 本大会へ向けて光明は?

森保ジャパン、アジア最終予選は序盤2敗も辛酸を舐めた東京五輪世代が台頭! 本大会へ向けて光明は?

2022.1.15 ・ 日本代表

シェアする

 2021年7月下旬~8月上旬にかけて開催された東京五輪。直前のホンジュラス戦を3-1で勝利し、優勝候補筆頭と言われたスペイン代表にも1-1で引き分けるなど、上昇気流に乗っていた森保一監督率いるU-24日本代表には金メダルの期待が寄せられた。

  グループリーグでは、南アフリカ、メキシコ、フランスに3連勝。大会序盤の足取りからすれば、メダルの可能性は少なからずあるように映った。エース久保建英(マジョルカ)が決めるべきところで決め、吉田麻也(サンプドリア)が統率する守備陣も安定。左サイドで相馬勇紀(名古屋)と旗手怜央(セルティック)を併用し、前田大然(セルティック)らをジョーカーで送り出すという指揮官の采配もズバリ的中。3戦全勝で1位通過するという理想的な展開で決勝トーナメントに勝ち上がった。


 しかしながら、森保監督は「主力固定起用」の傾向が強く、吉田、遠藤航(シュツットガルト)、酒井宏樹(浦和)、田中碧(デュッセルドルフ)、久保、堂安律(PSV)といった攻守の柱となる選手たちを固定。酷暑の中1日ペースの超過密日程のなか、彼らをスタメンで使い続けた。それで準々決勝・ニュージーランド戦をPK戦で制したところまではよかったが、準決勝・スペイン戦が鬼門だった。


 主導権を握られながら、なんとか延長まで持ち込んだが、最後の最後に総合力の差が出た。スペインはベンチにマルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)を温存し、延長後半に生まれた彼の一撃で勝利。日本は選手層の薄さを露呈する。3位決定戦でも集中力が途切れたようなプレーが目立ち、メキシコに完敗。2012年ロンドン五輪の経験から「オリンピアンとメダリストは全く違う」と言い続けた吉田の叫びも及ばなかった。2チーム分の戦力を整えなければ、短期決戦で頂点に立つのは難しい。大一番になって柔軟性を欠いた森保監督の采配含め、日本はまたも世界の壁にぶち当たることになった。

  それでも「カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の方は問題ないだろう」という楽観的な見方が大勢を占めていたはずだ。21年9月からスタートした予選はサウジアラビア、オーストラリアという強豪と同組になったが、欧州経験者を数多く擁する日本の2位以内は確実視されていた。

  ところが、9月2日の初戦・オマーン戦(吹田)でまさかの黒星スタートを余儀なくされる。シーズン序盤の欧州組の準備期間が短く、Jリーグ復帰した大迫勇也(神戸)、酒井らの状態が完璧でなく、長友佑都(FC東京)も無所属という状況では、1か月完璧に準備してきた相手を上回ることはできなかった。続く7日の中国戦(ドーハ)は久保や伊東の活躍もあって、なんとか大迫の一撃で勝ち切ったが、翌10月7日のサウジアラビア戦(ジェッダ)で信じがたい2敗目を喫してしまう。それもロシアW杯16強戦士・柴崎岳(レガネス)のミスから失点し、0-1で敗れるという形であり、森保監督もショックが大きかったに違いない。「主力固定」の弊害が序盤3戦で如実に出たと言っていい。


 ここで指揮官はようやく重い腰を上げる。基本布陣を4-2-3-1から4-3-3へ変更。ボランチの柴崎を外して、東京世代の田中碧やポルトガルで急成長した守田英正(サンタクララ)を抜擢。中盤を3枚にして、いい距離感でボールを回しができるように修正したのだ。これが奏功し、12日のオーストラリア戦(埼玉)はなんとか2-1で勝利。田中の先制点の後、いったんは相手の直接FKで追いつかれたが、ジョーカーの浅野拓磨(ボーフム)がオウンゴールを誘発するシュートを放ち、崖っぷちで踏みとどまることに成功。「1チーム・2カテゴリー」の成果がようやくで出始めたのだ。


 続くベトナム・オマーンとのアウェー2連戦も苦戦が続いたが、伊東の連続ゴールで3連勝。オーストラリアの取りこぼしもあって、ついにグループ2位に浮上した。とりわけ、オマーン戦(マスカット)は三笘薫(サン・ジロワーズ)と中山雄太(ズヴォレ)が大活躍。またも東京五輪世代の台頭が光った。彼らの成長がなかったら、序盤3試合2敗という失態を取り返すことさえできなかったかもしれない。そういう意味では、東京五輪の1年延期はプラスに働いた。五輪本番では結果を残せなかったものの、若い世代は確実に成長の跡を示したのである。 こうして森保体制は4年目を迎えることになるが、指揮官には「ここからはニュートラルに選手を見ていく」という言葉通り、過去の実績や経験に囚われることなく、「今、コンディションのいい選手」「勢いに乗っている伸び盛りの選手」の積極起用を本気で考えるべきだ。指揮官自身、ここまでの混乱とアクシデントの連続を経て、より柔軟な采配とチームマネジメントの必要性を痛感しているはず。だからこそ、2022年は目に見える変化を遂げる必要がある。

  17日から始まる国内組だけの日本代表合宿では、2024年パリ五輪世代の荒木遼太郎(鹿島)や西尾隆矢(C大阪)、鈴木唯人、松岡大起(ともに清水)ら招集。彼らを呼んだのならば、「若手にA代表を経験させる」といった感覚ではなく、本気で11か月後のカタールW杯本大会に連れていく覚悟を持って、彼らをチェックすべきだ。


 ハイレベルな競争が、強くて勝てる魅力的な日本代表を作る。そのことを今一度、肝に銘じつつ、これまでの苦い経験をW杯イヤーに最大限生かしてもらいたい。


文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事