ウエスカが劇的なラ・リーガ2部初制覇を決める!“優勝請負人”岡崎慎司も途中出場で貢献

ウエスカが劇的なラ・リーガ2部初制覇を決める!“優勝請負人”岡崎慎司も途中出場で貢献

2020.7.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間7月20日に開催されたラ・リーガ2部の最終節(第42節)で、岡崎慎司が所属するウエスカが劇的な2部初優勝を決めた。


 前節のヌマンシア戦で昇格を決めたウエスカは、敵地でスポルティング・ヒホンと対戦。73分にクリストのゴールで奪った1点を守りきって、1-0で勝利した。


 そして、首位のカディスが終了間際の失点でアルバセーテに敗れたため、逆転で初のセグンダ制覇が決まった。


 4試合ぶりにスタメンを外れた岡崎は、53分から途中出場し、決勝点を引き出す動きで勝利に貢献している。


 奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げたレスター時代に続いて、リーグタイトルをもたらしたそのベテランFWの活躍とともに、来シーズンのウエスカに注目したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部


 

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事