クラシコの勝負を分けたポイント――アラバのカウンター弾はなぜ生まれたのか。結果に表われたマドリーの「明確な狙い」

クラシコの勝負を分けたポイント――アラバのカウンター弾はなぜ生まれたのか。結果に表われたマドリーの「明確な狙い」

2021.10.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 2021-22シーズンにおけるエル・クラシコの1試合目がカンプ・ノウで行われ、アウェーのレアル・マドリーが2‐1で勝利した。


 システムは同じ4‐3‐3ながら、中盤からショートパスをつないで崩しにかかるバルセロナと、シンプルな展開から3トップに縦パスを通して、そこから厚みのある速攻を繰り出すマドリーという構図は、近年のエル・クラシコと同じだった。


 ただ、前半からレアル・マドリーの3トップが高い位置で前を向いてボールを持つシーンが多く、バルセロナが自陣に下がりながらの守備を強いられた。一方で、バルセロナがボールを持ってもマドリーの堅固な守備に対して有効なスペースを見出せず、ブロックの外側から一か八かのボールを入れるしか活路がなかった。


 そうした流れの中で、ヴィニシウス・ジュニオールがドリブルからPKを誘発しかけたり、オフサイドになったとはいえ、カリム・ベンゼマがギリギリで裏のスペースを狙うなど、アドバンテージを取り続けたマドリーは、32分に先制ゴールを奪うことに成功した。決めたのはセンターバックのダビド・アラバ。しかもセットプレーからではなく、流れからのゴールだった。

  起点となったのはアラバ自らのボール奪取だ。4バックと3バックによる2ラインに加えて、右ウイングのロドリゴが落ちて8人のブロックを作るマドリーに対して、バルセロナはボールホルダーを含めた7人がマドリー陣内で攻撃参加していた。


 アンカーのセルヒオ・ブスケッツがボールを持った時に、マドリーはセンターフォワードのベンゼマがプレスバックで潰そうとする。ブスケッツは横に外して左サイドバックのジョルディ・アルバに展開する。そこから大外で受けたアンス・ファティがジョルディ・アルバと入れ替わるように中へと入り、中央のメンフィス・デパイに横パスを通そうとする。そこに後方から勢いよく進み出たアラバが慌ててターンしたデパイとボールの間に身体を入れて奪い取った。


 すごかったのはここからだ。当然バルセロナは即時奪回を狙って、まずは奪われたデパイが奪い返しにくるが、アラバはうまく背中でブロックしながら左のヴィニシウスにショートパスを通した。そこからヴィニシウスがバルセロナの右サイドバックを担うオスカル・ミンゲサとの1対1を制する間に、アラバは左からベンゼマを追い越した。


 ボールを奪われ、さらに奪い返せなかったデパイも全速力でアラバを追うが、追い付けないままヴィニシウスの縦を切るポジションを取り直した。結局ヴィニシウスはフリーで走るアラバを使わずに、反対サイドでフリーになっていたロドリゴにサイドチェンジのパスを通す。


 その流れに連動するようにベンゼマが右斜めのランニングで最終ラインに残っていたエリク・ガルシアとジェラールのピケのセンターバック2人を引きつけたことで、アラバが左前方で完全なフリーになった。そしてロドリゴから正確なパスを受けると、E・ガルシアが寄せてくる前に左足を振り抜き、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの牙城を破る強いシュートをゴール右に突き刺した。


 ボールを奪い、相手のファーストプレスを外し、味方にパスを出して前線まで駆け上がる。そこからラストパスを受けて鮮やかなシュートを決めると言う一連のプレーは“アラバショー”とも言えるものだった。ただ、決してアラバの個人能力だけがゴールをもたらしたのではなく、やはりバルセロナの攻撃ルートを限定しながらボールを奪い、そこからイメージを揃えてフィニッシュまで行き着く明確な狙いが結果となったのだろう。


 バルセロナ側の視点で考えると、やはり全体が前にかかったところでボールを奪われると、高い位置で攻めていても後ろの守備が薄くなる分、広いスペースを使ってスピーディーに攻め込まれやすくなる。そうさせないために即時奪回という方法があるわけだが、この日のマドリーの選手たちはそれをほとんど回避し、素早く縦に付けることができていた。


 しかも、このゴールシーンではアラバがそのまま上がったことで、ウイングのヴィニシウスとロドリゴがワイドのポジションを取ったままでも中央に厚みを出すことができた。


 バルセロナとしてはいかにベンゼマが脅威であっても、ピケとE・ガルシアが揃って引き付けられることなく、一人がアラバをチェックできていれば、あれだけ危険な位置で前を向いてパスを受けられるリスクはかなり減らせたはず。ただ、アラバの状況判断と決め切る能力を褒めるべきだろう。

  そこから落ち着いてゲームをコントロールしたマドリーは、終盤にカウンターから最後はルーカス・バスケスが決めて追加点。バルセロナは長身FWのルーク・デヨングを投入するなど、リスクを負って前線にパワーをかけた後半アディショナルタイム7分に新加入のセルヒオ・アグエロが待望のゴールを決めて1点差とするのが精一杯だった。


 バルセロナもシーズン開幕の頃よりはパスワークなど改善されてきているが、現時点ではカルロ・アンチェロッティ監督が率いるマドリーが一枚も二枚も上手だった。


 ここから長いシーズンが進む中で、バルセロナがアグエロのフィットも含めて、いかにチーム状態を良くして次の直接対決までに良い流れを作って行けるか。マドリーもさらにチーム力を高めて迎え撃てるか。今後の両クラブの戦いに注目だ。


文●河治良幸

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事