「DFが出せるパスじゃない」超絶ボレー弾を演出した冨安健洋の“浮き球アシスト”が反響拡大!「正確さとアイデアが素晴らしい」

「DFが出せるパスじゃない」超絶ボレー弾を演出した冨安健洋の“浮き球アシスト”が反響拡大!「正確さとアイデアが素晴らしい」

2021.11.29 ・ 海外サッカー

シェアする

 スーパーゴールを演出した絶妙のアシストに、絶賛の声があがっている。


 11月27日に行なわれたプレミアリーグ第13節で、冨安健洋が所属するアーセナルは、ホームでニューカッスルと対戦。2‐0で快勝を飾った。


 この試合で移籍後初アシストをマークしたのが、右SBで9試合連続の先発出場を果たした冨安だ。1-0と1点リードで迎えた66分、右サイドから浮き球のパスを送り、ガブリエウ・マルチネッリが決めた圧巻のボレーシュートをお膳立てしてみせた。


 この一戦を配信した『DAZN』の公式YouTubeがハイライト動画を公開すると、コメント欄には、日本代表DFの攻撃面でのパフォーマンスについて次のような声が寄せられた。


「最高のボール、冨安素晴らしい」

「DFが出せるパスじゃない」

「守備面での不安は全く無かったし、その上攻撃参加もこなして、絶妙アシストも決めたの本当に凄い」

「浮かせたボールをキーパーとの間に蹴れる正確さとアイデアは素晴らしい」

「冨安の攻撃センスが非常に良き」

「ここまで攻撃力があるとは思わんかった!」

「冨安パス綺麗すぎるのもあるけど、裏から来たボールあんな綺麗に合わせれるマルティネッリもやばい」

「やっぱ冨安は逆回転の浮き球上手いなぁ」

「スーパーアシストからのスーパーゴールだったな」


 ソリッドな守備だけでなく、攻撃でも小さくない貢献を果たした冨安。評価は高まるばかりだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事