マンUがラングニックの暫定監督任命を発表! 今季限定で指揮を執った後、2年間のコンサルタント契約を結ぶ意向

マンUがラングニックの暫定監督任命を発表! 今季限定で指揮を執った後、2年間のコンサルタント契約を結ぶ意向

2021.11.29 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間11月29日、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、就労ビザの取得を条件に、ラルフ・ラングニックを暫定監督に任命すると発表した。


 また、今シーズン限りの監督を務めた後、コンサルタントとして2年間の契約を結ぶことで合意したという。


 ユナイテッドのディレクターはジョン・マータフは「ラルフはヨーロッパのサッカー界で最も尊敬されているコーチのひとりであり、革新者でもある。40年近くにわたる経営とコーチングの経験と、かけがえのないリーダシップと技術力を備えていることから、暫定監督の第一候補となった。クラブの誰もが、彼と一緒に残されたシーズン、さらに2年間の顧問として役割を果たすことを楽しみにしている」と声明を発表した。



  また、ラングニック本人もコメントを寄せた。


「このチームは才能にあふれ、若さと経験のバランスが取れている。これからの6か月間で、選手たちが個人として、そして何よりもチームとして潜在能力を発揮できるよう、全力でサポートする。その先は、コンサルタントとして、クラブの長期的な目標をサポートしていきたいと思う」


 現時点ではまだ就労ビザが下りていないため、下りるまではマイケル・キャリックが引き続き暫定監督を務めるという。


 ドイツ出身の智将は、古豪クラブにどんな変革を起こすのか。その手腕に、世界のサッカーファンが注目している。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事