サポーターが心停止で昏倒…ワトフォード対チェルシーが32分間の中断

サポーターが心停止で昏倒…ワトフォード対チェルシーが32分間の中断

2021.12.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間12月1日に行なわれたプレミアリーグの第14節で、ワトフォードとチェルシーが前者の本拠地ビィカレイジ・ロードで対戦した。


 スコアレスで迎えた12分、試合が突然中断。選手たちはいったんドレッシングルームに引き上げる事態となった。テレビカメラはあえて映さなかったが、スタンドのファンに何かが起きていたのは明らかだった。


 英公共放送『BBC』によれば、あるサポーターが心停止で昏倒。応急処置の後、中断から25分後に病院に運ばれたという。


 ワトフォードは、スタジアムで「私たちは、心停止を起こしながらも現在は安定しているファンと、影響を受けたすべてのファンと共にあります。迅速な対応をしてくれた医療スタッフ、選手、ファンに感謝します」と発表。倒れたファンが無事であることを知らせている。


 これを受けて、中断から32分後、試合は無事に再開している。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事