「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」

「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」

2021.12.4 ・ 海外サッカー

シェアする

 ガナーズのレジェンドも納得がいかないようだ。


 冨安健洋が所属するアーセナルは12月2日に開催されたプレミアリーグ第14節で、マンチェスター・ユナイテッドとのアウェーゲームに臨み、2-3で敗れた。


 14分に先制したものの、前半終了間際に追いつかれると、52分にクリスチアーノ・ロナウドの一撃で逆転ゴールを献上。一度は追いついたものの、最後はCR7のPKに沈んでいる。


 物議を醸しているのは、前半アディショナルタイムのシーンだ。アーセナルのセットプレーで、いい動き出しをした冨安が、ユナイテッドの主将ハリー・マグワイアに腕を引っ張られ、エリア内で倒されたのだ。だが、ファウルは取られず、VARがジャッジを覆すこともなく、PKにはならなかった。


 この判定には、現地メディアから「明白なファウル」(『GIVEMESPORT』)と指摘があるなか、アーセナルのOBの元イングランド代表FWイアン・ライトも次のように糾弾している。『HITC』が伝えた。


「マグワイアはトミヤスを引っ張り倒した。これはPKだ。経験がある選手が、こんなことするなんてクレイジーだ」


 アーセナルサイドとしては、不満の残る判定になったのは間違いないだろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事