「なぜ中国の選手はこんな行為をするのか」衝撃の“カンフーキック”に有名コメンテーターが嘆き!「努力してプロになって…」

「なぜ中国の選手はこんな行為をするのか」衝撃の“カンフーキック”に有名コメンテーターが嘆き!「努力してプロになって…」

2022.6.26 ・ 海外サッカー

シェアする

 中国で物議を醸している“カンフーキック”を、有名コメンテーターが嘆いた。


 驚きの飛び蹴りが飛び出したのは、6月24日に開催された中国スーパーリーグの第6節、河南嵩山龍門が大連FCのホームに乗り込んだ一戦だった。


 スコアレスで迎えた22分、相手GKが蹴ったロングボールをクリアしようとした河南のMFマ・ジンユーが高く跳び上がり、競り合った相手DFヒ・ユーペンの背中にキックを見舞ったのだ。VAR介入によるオンフィールドレビューの末、マ・ジンユーにはレッドカードが出されている。


 この愚行を嘆いたのが、中国の著名なコメンテーター、ハン・チャオシェン氏だ。一部の識者から、「ジャンプした時の不可抗力で仕方なかった」「レッドカードは厳しい」という声もあがるなか、自身のWeibo(中国版ツイッター)でこう綴っている。


「マ・ジンユーのファウルの映像を見た。 レッドカードで妥当だ。 中国の試合でこの種のことが起こった後、私はこの問いについて考えずにはいられない。なぜ中国の選手はこんなことをするのか?」


 ハン・チャオシェン氏は「彼らはプロでプレーするまで成長し、その過程での努力は10年間貧しい生活を送るのに匹敵するほどだ。家族全員の希望と個人的な野心を叶えなければならないわけで、悲しむのは普通だ」と綴り、こう悲嘆している。


「では、同じような状況で何度も多くの選手がこのような行為をする理由は何なのか。彼らの経験や知識があれば、罰を免れることができないのは分かっているはずだ。なのに、なぜ彼らはあんなことをするのか?」


 苦労してプロになったのに、ラフプレーで退場になる。そんな選手が少なくない中国リーグの現状を、ハン・チャオシェン氏は理解できないようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事