マロッザンの技巧的な1点でドイツが駄目押し 4−1

マロッザンの技巧的な1点でドイツが駄目押し 4−1

2015.6.21 ・ 海外サッカー

シェアする

ゲームも終盤の後半43分、MFゴゼリンが蹴ったコーナーキックはペナルティエリアの外で待つマロッザンへ。若干、ボールが流れてしまったが、マロッザンはスライディングしながら右足の先でボールをコントロールし、ダイレクトでループシュートを打つと、ボールはGKの手が届かないゴール右上隅に決まった。


このシーンを詳しく見る

シェアする

最新記事