クロスバーに嫌われ続けた鹿島、決定力に優るリバープレートに完敗

クロスバーに嫌われ続けた鹿島、決定力に優るリバープレートに完敗

2018.12.23 ・ 海外サッカー

シェアする

日本時間22日、FIFAクラブワールドカップ2018 UAEの3位決定戦が行われ、アジア王者の鹿島アントラーズが南米王者のリバープレートと対戦。試合は力の差を見せつけた南米王者が大量4得点を奪い、鹿島に完勝。クラブW杯3位に輝いた。


準決勝から中2日の鹿島と中3日のリバープレート。鹿島は休養が1日少ないハンデの中、勇敢に戦った。鹿島の最初のチャンスは前半11分、遠藤康のコーナーキックをニアサイドで犬飼智也がそらし、ファーサイドでチョン・スンヒョンがヘディングシュート。これはゴールライン直前でGKが右手に当て、間一髪でゴールならず。


前半23分、鹿島をアクシデントが襲う。今大会、ビッグセーブでチームを救ってきたGKクオン・スンテが、接触プレーにより負傷交代。ベテランの曽ヶ端準が入った。直後の24分、GKが交代したファーストプレーのコーナーキックで失点してしまう。右からのコーナーキックをスクリーニがヘディングで合わせ、ゴール左に流し込んだ。


後半44分、同点に追いつきたい鹿島にビッグチャンスが訪れる。今大会、印象的なプレーを見せる安部裕葵がドリブルで切れ込み、シュートを打つ。一度は相手選手のブロックに遭ったが、跳ね返りを安西幸輝がシュート。これはクロスバーを直撃し、ゴールはならなかった。


後半開始から、リバープレートはコロンビア代表のキンテーロと元アルゼンチン代表のイグナシオ ・フェルナンデスを投入し、攻撃の圧力を高めていく。


鹿島のビックチャンスは後半18分。セルジーニョのスルーパスに抜け出した土居聖真が相手選手をかわし、右足でシュートを打つ。これはGKが横っ飛びでセーブした。


後半20分には遠藤に替えて西大伍を投入すると、リバープレートは後半24分にアルゼンチン代表のゴンサロ・マルティネスを投入。背番号10の登場により、流れは一気に南米王者に傾いていく。


後半28分には、鮮やかなパスワークからゴンサロ・マルティネスが左足で決めて2対0。鹿島を突き放す。直後の後半31分、鹿島は3人目の交代カードを切る。内田篤人に替えて小笠原満男を投入。2点差を跳ね返すべく、攻撃に出る。


後半39分には再び土居がドリブルで持ち込み、切り返しから右足を振り抜くが、クロスバー直撃。後半42分には、永木亮太がペナルティエリアの外からフリーキックで直接狙うが、これもクロスバーに跳ね返された。


すると後半43分、リバープレートのボレーの突破を後ろから犬飼が倒したとして、PKの判定。これをボレーが自ら決めて3対0。試合を決定づけると、後半アディショナルタイムには、ゴンサロ・マルティネスが技ありのループシュートを決め、4点目をマークした。


結局、南米王者が大量4ゴールを奪い、アジア王者の鹿島を相手に、完封勝利で有終の美を飾った。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事