【W杯最終予選|10月シリーズ推奨メンバー】久保、古橋、伊東を欠くサウジ戦…懸念される2列目の陣容は?

【W杯最終予選|10月シリーズ推奨メンバー】久保、古橋、伊東を欠くサウジ戦…懸念される2列目の陣容は?

2021.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選で、日本はオマーンとの初戦を0-1で落とし、続く中国戦は1-0で勝利。2試合を終え、1勝1敗の勝点3でグループ4位という成績だ。


 そして迎える10月シリーズ。7日にサウジアラビアとのアウェーゲームに挑み、12日にホームでオーストラリアと対戦する。今予選を占う上で重要な2連戦に、森保ジャパンはいかなるメンバーで挑むべきか。長きにわたり日本代表を取材してきたフリーライターの元川悦子氏に訊いた。


――◆――◆――


 2022年カタールワールドカップ(W杯)に向け、9月2日の最終予選初戦・オマーン戦(吹田)を落とした日本が早くも山場を迎える。10月は勝ち点6を手にするサウジアラビア(7日=ジェッダ)とオーストラリア(12日=埼玉)との2連戦。キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)は「早くも初戦の負けを取り返すチャンスが来る。ここで連勝できればトップに立てる」と前向きにコメントしたが、逆に1つでも落とせば、ストレートに本大会切符を獲得できるグループ2位以内確保に黄色信号が灯る。「絶対に失敗できない天王山」なのは間違いない。


 重要シリーズに向け、森保一監督は7日の中国戦(ドーハ)の後、欧州視察に出かけ、主要選手や前回招集しなかった田中碧(デュッセルドルフ)などのチェックに奔走した。


 こうした中、キーマンと目された久保建英(マジョルカ)が膝を負傷。古橋亨梧(セルティック)の復帰も間に合わず、伊東純也(ゲンク)もサウジ戦で出場停止となるため、2列目の陣容をどうするか考えなければいけなくなった。


 そこでサウジ戦の2列目を考えると、堂安律(PSV)、鎌田大地(フランクフルト)、南野拓実(リバプール)という3枚のスタメンが濃厚と言っていい。堂安と南野は今月に入って所属クラブで得点しているし、鎌田の調子も上向いている。9月シリーズよりはいい状態でプレーできるだろう。


 ただ、強敵・サウジに対しては交代枠も積極的に使って、試合中に変化をつけることも肝要だ。バックアップにはマルチタスクの原口元気(ウニオン・ベルリン)、太もものケガが癒えたと見られる浅野拓磨(ボーフム)に加え、欧州で新たなキャリアを踏み出した三笘薫(サンジロワーズ)の抜擢を押したい。


 というのも、アジア相手だと中を閉められることが多く、局面を打開できるアウトサイドの存在がキーポイントになるからだ。”ヌルヌルドリブル”と言われる変幻自在のドリブル技術を備えた三笘は、アクセントになり得る存在。東京五輪で不完全燃焼に終わった分、本人も闘争心に満ち溢れているはずだ。先々を考えても、あえてこの難しい局面を経験させるのはありだ。

  9月シリーズで再びクローズアップされた絶対的1トップ・大迫勇也(神戸)の代役問題も確実に手を付けるべき点。前回追加招集だったオナイウ阿道(トゥールーズ)を呼ぶのは当然の判断だ。目下、フランス2部でブレイク中の彼ならチームを大いに活性化できるはずだ。

  そしてもう1枚、岡崎慎司(カルタヘナ)というサプライズの隠し玉も加えたい。新天地先発だった18日のルーゴ戦でいきなりPKを奪取し、先制点をお膳立てするなど、鋭い飛び出しは健在。苦境の時こそ、ベテランの力が役に立つのだ。


 実際、2018年ロシアW杯最終予選の山場だった2017年3月のUAE戦(アルアイン)でも、川島永嗣(ストラスブール)と今野泰幸(磐田)の両ベテランが底力を発揮。チームの停滞感を打ち破っている。そういった働きを岡崎に期待していいのではないか。彼は2019年コパアメリカ(ブラジル)にも参戦していて、チーム適応も問題ない。攻撃バリエーションを広げる意味でもぜひ入れておきたい。


 今回は中東→日本の2連戦。オマーン戦でコンディショニングの失敗を犯したことを考えると、選手の移動負担は極力減らしたいところ。植田、三笘、岡崎はサウジ戦限定にして欧州に戻し、日本で酒井宏樹(浦和)、伊東、前田大然(横浜)の3枚を待機させておくのがベター。酒井宏樹は疲労が懸念されるうえ、25日のFC東京戦で負傷。やはり大事を取った方がいい。


 本来なら、大迫、長友佑都(FC東京)や権田修一(清水)も日本に残して調整させたいところだが、アウェームード一色のジェッダでのサウジ戦を大迫、長友抜きで戦うのはリスクが高い。彼らはハードなスケジュールを強いられるが、これまでの経験値を駆使して、修羅場を乗り切ってもらうしかない。


 いずれにしても、今回は先手必勝。誰が日本を勝利に導くゴールを奪うかが最重要ポイントになる。南野や鎌田、堂安といったW杯未経験者が結果を出してくれれば、「厳しい最終予選を戦いながらの若返りとチーム底上げ」が見えてくる。10月シリーズは彼らの真価が問われる2連戦になる。強い覚悟で挑んでほしいものだ。


文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事